青葉区版 掲載号:2012年11月29日号

青葉区地震想定

M(マグニチュード).8・1で市内最少の被害

「地盤固い」などが要因か

 横浜市はこのほど、7年ぶりに見直した市内の地震被害想定を発表した。前回想定した地震より、津波や震度の大きい4つの地震で被害を予測。想定によると、市内で震度が最も大きい「元禄型関東地震(M8.1)」の場合、青葉区の揺れや火災による建物の全半壊、焼失、死傷者数が市最少となった。この想定に市は「比較的揺れにくい地盤が要因の一つ」と話す。

 市は、昨年の東日本大震災を受け、「最大クラスの地震・津波」を想定した被害の見直しを行った。今回想定した元禄型関東地震(相模トラフ沿い震源)は、津波や震動が前回の南関東地震(M7.9)より大きいため対象に選定。そのほか首都直下型の東京湾北部地震、南海トラフ巨大地震、高い津波が予想される慶長型地震を対象とした。

「揺れにくい」青葉の地盤

 市は元禄型地震の場合、青葉区の震度は5弱から6弱と想定。揺れによる建物の全半壊は1129棟(市全体13万7100棟)、死傷者は最大で240人(同3万963人・午前5時発生)。震度分布図は前回の地盤データを基に、2万点のボーリングデータ(地質調査)や過去の地震記録などから作成。地盤の揺れやすさを表す「深さ30mまでの平均S波速度の分布図」によると、特に区内北部の岩盤が露出する地域は揺れにくい評価となった。市消防局危機管理室は「青葉区は震源地から離れ、他区と比べて揺れにくい地盤であることが被害想定の低い要因」と話す。

「区画整理で延焼しにくい」

 元禄型地震では、市の火災による建物の焼失棟数は最大で7万7654棟(午後6時発生)。前回想定した南関東大地震の約11倍に上る。古い木造建物が密集する中区、南区、神奈川区が1万棟以上焼失する想定に対し、青葉区は36棟と市で最も少ない。区危機管理担当は「青葉区は他区より区画整理された面積が多い。建物が密集せず、道路が広いなどの点で、災害に強い街づくりができているのでは」と分析する。
 

青葉区版のトップニュース最新6件

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月19日号

県商店街大賞で特別賞

江田駅周辺商店会

県商店街大賞で特別賞

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

出産、育児支え四半世紀

カンガルーの会

出産、育児支え四半世紀

1月12日号

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

将来に続く魅力のまちを

関連記事(ベータ版)

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク