青葉区版 掲載号:2015年5月28日号

(PR)

あざみ野坂の上クリニック

「糖尿病」自覚症状なく進行も

早期発見で合併症予防へ

地域医療への思いを語る武田理事長
地域医療への思いを語る武田理事長
 現代病とも言われる糖尿病の症状について、「あざみ野坂の上クリニック」などを手がける武田浩理事長に聞いた。「糖尿病の初期段階は、検診等で『尿に糖が出ている』『血糖値がやや高い』と指摘されてもまだ無症状で、喉が渇いたり、だるい程度のケースがほとんどです。しかしそのまま数年放置すると、合併症による症状が出ることもある」

動脈硬化の恐れも

 インスリンの不足などで血液中のブドウ糖が増え、血糖値が慢性的に高い状態になる糖尿病。網膜症、腎症、神経障害の「三大合併症」や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞等の「動脈硬化性疾患」になる恐れも。同院では大学病院など一部の医療施設にしかない「FMD検査」機器を導入。動脈硬化の初期段階を適切に診断し、早期治療につなげている。

 武田理事長は、日本糖尿病学会認定の糖尿病指導医・専門医。「地域に根差した糖尿病治療」を心がけ、伊勢原市の本院「武田クリニック」は糖尿病専門医を育成する研修施設にもなっている。「地域の医療機関や大学病院と連携し、質の高い医療、そして気軽に相談できる医療相談所を目指している」と話す。

6月も糖尿病教室

 病気を正しく理解してもらおうと、同院では「糖尿病教室」を開催中。6月の日程、内容は▽2日(火)午前11時〜正午「糖尿病」▽15日(月)午後1時半〜2時半「糖尿病(食後高血糖)」▽16日(火)午前11時〜11時半「薬物療法」▽23日(火)午後1時半〜2時「検査」。参加費無料。詳細は電話で。

あざみ野坂の上クリニック

横浜市青葉区あざみ野南2-14-4

TEL:045-509-1024
FAX:045-509-1631

http://azasaka.jp

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

美しい「着付けのコツ」

青葉台フォーラム

美しい「着付けのコツ」

1月19日号

横浜駅西口『パナソニック補聴器』直営店

無料相談会 開催中

横浜駅西口『パナソニック補聴器』直営店

1月19日号

子どもの療育支援

「いつから行けばいい?」

福豆で無病息災

神鳥(しとど)前川神社

福豆で無病息災

1月19日号

発表 平成29年度税制改正大綱!!

2018年度の園児を募集!

横浜市認可保育園。キリスト教主義に基づく保育を実施しています

http://www.shalomhoikuen.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

認知症 正しく理解を

認知症 正しく理解を

公会堂でフォーラム

9月26日~9月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク