青葉区版 掲載号:2016年5月26日号
  • googleplus
  • LINE

5月1日から7日までナミビアで行われたサハラレースで優勝した

飯野 航さん

たちばな台在住 36歳

長い道のり、努力を武器に

 ○…ナミビアのナミブ砂漠を舞台に7日間で6ステージ、自分の足で250Kmを走るレースに日本人として初めて優勝した。食料などの荷物を背負い、昼夜の寒暖差も大きい中での過酷なレースだったが、目標に掲げた全ステージ1位の完全優勝を果たし、「ほっとしている」と笑顔を見せる。

 ○…葛飾区出身。高校時代は柔道部で、走り始めたのは社会人になってから。「ふと見たら、おなかがぽこっと出ていて」と、最初は減量目的のジョギング程度だった。本格的な競技生活は海外赴任したドイツでの暮らしが転機に。自然豊かな環境の中で走ると「楽しい」とのめりこんだ。2011年にはモロッコで250Kmを走るサハラマラソンに「つらそうで記念になる」と初参加。それが16位となったことで火がついた。過去の日本人最高は10位。「それを超えたい」と練習を重ね、翌12年には9位に。「長距離マラソンほど努力に傾くスポーツはない」。競技者として自信につながった。

 ○…普段は自動車メーカーに勤めるサラリーマン。休日を利用して年に7、8回は国内のウルトラマラソンや海外のトレイルレースなどに参戦。出場する大会はつらい、過酷といった形容詞が並ぶものばかりだが、「自然の中で長く走れた方が楽しい」とさらり。トレーニングは欠かさず、往復で40Km近い職場に走って通勤。時には忙しく、電車で帰りたくなることもあると話すが、「自分に負けちゃう気がする」と厳しい。

 ○…「今度、トライアスロンに初めて出るんです」。帰国してまだ2週間だが、「色々な経験をしたいんです。人生の幅を持っている人が好きだから」とアクティブさは変わらない。走り始めてから国内外の友人が増えたと喜び、「色々な肩書の人がいるけれど、スポーツの前では平等。それが面白い」と魅力を語る。目標は60歳まで第一線で走り続けること。「レースの終わりは次のレースの始まり」。そう言って笑った。

関連記事powered by weblio


青葉区版の人物風土記最新6件

大滝 長孝さん(花伝亭 長太楼)

社会人落語家として地域で活躍する

大滝 長孝さん(花伝亭 長太楼)

10月19日号

坂脇 寛人さん

第9回BFA U-15アジア選手権で日本代表チームのコーチを務める

坂脇 寛人さん

10月12日号

川邊 優喜さん

「世界パズル選手権」日本代表の

川邊 優喜さん

10月5日号

松下 光一さん

もみの木台自治会長として10月1日の「もみの木フェスタ」を主催する

松下 光一さん

9月28日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

9月21日号

遠藤 ふき子さん

横浜あざみロータリークラブ新会長に就任した

遠藤 ふき子さん

9月14日号

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

漫画家のトークライブ

漫画家のトークライブ

「岡崎に捧ぐ」山本さほさん

11月25日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク