青葉区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

山内中ハンド部

県制覇で初の全国へ

スポーツ

神奈川代表で選手権出場

全国大会に臨むメンバー
全国大会に臨むメンバー

 横浜市立山内中学校(簗瀬一爾校長)のハンドボール部女子が、3月25日から行われる全国選手権大会に神奈川県代表として出場する。現在、部員16人で、創部14年目にして初の全国大会に向けて練習に励んでいる。

 昨年11月、新人大会を兼ねて行われた県予選には、県内4地区の予選を経て上位8校が出場。山内中は横浜地区1位として3試合を戦い、いずれもロースコアの接戦を制して初の県大会優勝を飾った。

 決勝では、全国制覇の経験もある強豪校の西中原中(川崎地区1位)と対戦。前半は4―3の1点差でリード。迎えた後半、同点に追いつかれる場面もあったが、キーパーの中村理乃さん(2年)の好セーブが光り、リードを許さないまま11―7で勝利を掴んだ。中村さんは「相手はパワーがあって押されそうだったが、自分が流れを変えなきゃ、と思った。声出しなどみんなで盛り上げられてよかった」と笑顔をみせる。榑谷(くれたに)和弥顧問は「夏の大会で準優勝したことはあるが、県での優勝はなかなかできなかった。引退した3年生がうまく引き継いでくれた力も大きい」と話す。

ディフェンスに力

 現在、同部(女子)は1年生6人、2年生10人が所属。大会は上位に進むと室内での試合になるが、40m×20mのハンドボールコートをとれる体育館は少なく、普段はグラウンドで男女一緒に活動している。平日は短ければ1時間と、限られた時間の中で練習を重ねている。

 県の強豪校の中には小学校からの経験者もいるが、同部では全員が初心者で中学校からのスタート。平均身長は160cmを切るなど、体格的には決して恵まれていないという。「物おじしない、よく頑張る子たち。得点力がない分、とにかく一生懸命守って走るスタイル」と榑谷顧問。キーパーの中村さんを中心とした組織的なディフェンスに力を入れており、相手のミスをついてコートプレーヤー全員で走る速攻が持ち味だ。夏に走り込みの練習を重ね、力をつけてきたという。

 部長を務める奈良響(ひびき)さん(2年)は「気持ちが緩まないように技術的な面はもちろん、普段の生活や練習態度もしっかり意識して、恥ずかしくないチームにしたい。全員で活躍して成長できたら」と表情を引き締める。中村さんは「強いチームと戦えるのが楽しみ。もっと高みを目指して、次につながる結果を出したい」と意気込みを語った。

 全国大会は富山県氷見市で3月25日に開幕。山内中は、26日に静岡第二中(静岡)と対戦する。
 

関連記事powered by weblio


青葉区版のトップニュース最新6件

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月19日号

悲願の1部昇格達成

日体大フィールズ

悲願の1部昇格達成

10月19日号

医師の確保が課題

在宅医療

医師の確保が課題

10月12日号

ティーボールで5連覇

青葉緑東リトル

ティーボールで5連覇

10月12日号

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月5日号

8区で出馬 4氏か

総選挙

8区で出馬 4氏か

10月5日号

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

漫画家のトークライブ

漫画家のトークライブ

「岡崎に捧ぐ」山本さほさん

11月25日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク