青葉区版 掲載号:2017年4月13日号

酉歳地蔵菩薩が御開帳 社会

近隣25寺で12年ぶり

 青葉区を含む横浜北部と川崎市内の25寺院で、4月16日(日)から5月8日(月)まで「酉歳地蔵菩薩御開帳」が行われる。酉年に合わせて12年ぶりに行われるもので、受付は各寺午前9時から午後5時まで。

 江戸時代中期、大飢饉で困窮した人々から発生し、近隣に拡大していった地蔵信仰。当時の都筑郡・橘樹郡にあった25寺院の僧侶らが、平和や生活の安寧の願いを込めて「酉歳地蔵菩薩」の霊場を作り、12年に1度の御開帳を始めたという。

 区内では札番1の観福寺(荏田町328)と札番2の千日堂(市ケ尾町1628の12)が該当。観福寺の海野昌英住職は「楽しみながら、寺を回ってほしい」と呼びかけている。

 期間に合わせて各寺の朱印札=写真=を綴じることができる集印帳を発行。朱印札は各寺一律で300円、集印帳は一冊1500円が必要となる。

 問い合わせは観福寺【電話】045・911・ 0123。

青葉区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/