青葉区版 掲載号:2017年5月18日号

「仲間と集う庭」テーマに 社会

リードが緑化フェア出展

自宅の庭をイメージした空間=同店提供
自宅の庭をイメージした空間=同店提供
 ガーデニングや外構の専門店リード=荏子田=が、横浜市内で開催中の全国都市緑化よこはまフェアに、独自に制作した庭園を出展している。青葉区からは唯一の出展で、閉幕の6月4日(日)まで公開中だ。

 都心臨海部と郊外部をメイン会場に、花と緑で横浜の街並みを彩る同フェア。臨海部では日本大通りや山下公園を会場に、自治体や企業が多様なテーマで花壇や庭園を展示している。リードは、象の鼻パークで「もてなしの庭」をテーマに出展。30平方メートルの区画で「自分の庭としてどうもてなすか」、安生(あんじょう)敏弘代表と三浦美千代さんが構想を固めた。タイトルは「ポポラスのさんぽみち〜仲間と集う庭」。個人宅のイメージで区画を柵で囲み「たくさん人を招けるように」とベンチやイスを多数設置。趣味の空間としてスペースを作り、ギターや作業机を置いたのもポイントだ。しらとり台の工務店「富士ソーラーハウス」が施工し、テーブルやイスはNPO法人「萌」が制作。日頃同店と付き合いのある企業や団体も協力したという。

 安生さんは「仲間をつなぐ、普段からやってきたことを形にした。多くの人に見に来てほしい」と話す。5月19日(金)と29日(月)の午前11時〜午後2時は区画内に入る事が可能。(問)【電話】045・482・6651

関連記事powered by weblio


青葉区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土芸能楽しむ1日

郷土芸能楽しむ1日

公会堂でまつり開催

6月25日~6月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ワイン知ろう&楽しもう

    青山 敦子 アカデミー・デュ・ヴァン講師

    ワイン知ろう&楽しもう

    第12回「ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー」

    6月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/