青葉区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

青葉緑東リトル

ティーボールで5連覇

スポーツ

決勝は青葉区勢の対決に

青葉緑東リトルメンバーら=同チーム提供
青葉緑東リトルメンバーら=同チーム提供
 小学校低学年向けの野球「ティーボール」の神奈川大会が、9月に横浜スタジアムで行われ、青葉緑東(みどりひがし)リトルリーグが史上初の5連覇を達成した。準優勝は、奈良北ジャガーズ学童野球部となり、青葉区勢が躍動した。

 投手が投げる代わりに、本塁上に設置したバッティングティーと呼ばれる棒の上にのせたボールを打ち、点数を競う、ティーボール。

 同大会には、小学3年生以下、県内96チームが出場。緑東リトルは、決勝で奈良北ジャガーズを22対7で破るなど、7試合をいずれも大差で勝ち抜き、優勝に輝いた。

 笠喜也監督は「厳しい練習に耐え、結果を出すことができてうれしい。大きなプレッシャーがあるなかで、チーム一丸となり戦うことができた」と振り返る。

 緑東リトルの特徴は、圧倒的な打撃力だ。準決勝では、1イニングで7本のホームランを打ち、9得点をあげるなど、全7試合で、ホームランの数は111本という強力打線だ。キャプテンを務め、7試合で22本、決勝でも4本のホームランを放った杉山蓮君(3年)は「ボールを遠くに飛ばせるように素振りを毎日がんばった。優勝できてうれしい」と笑顔だった。

 笠監督は「基礎練習をしっかりと行い、体にしみこむまで反復練習をしてきたことが失点を少なくし、打撃力を向上させた」と話した。児童は土日に終日練習を行い、平日も自主的に毎日素振りをしているという。7試合で17失点だけと、堅い守備もチームの特徴だ。

 笠監督は「プロ野球選手に憧れを持つ児童がほとんど。高いモチベーションを維持して、野球を通じて成長してほしい」と話した。

奈良北が準優勝

 決勝では緑東リトルに敗れたものの、過去最高成績の準優勝となった奈良北ジャガーズ。粘り強い野球で決勝の舞台まで上り詰めてきた。準決勝では、4点を先制されたが、諦めることなく、最終回でホームラン2本を含む3得点をあげ、逆転勝利をおさめた。

 鴨志田亮監督は「青葉区で一番元気なチームを目指してきた。準優勝に輝くとは思っていなかった。練習などを通じて子ども達も大きく成長した。これからも楽しみながら、野球を続けてほしい」と話した。

準優勝の奈良北ジャガーズメンバーら=同チーム提供
準優勝の奈良北ジャガーズメンバーら=同チーム提供

関連記事powered by weblio


青葉区版のトップニュース最新6件

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月19日号

悲願の1部昇格達成

日体大フィールズ

悲願の1部昇格達成

10月19日号

医師の確保が課題

在宅医療

医師の確保が課題

10月12日号

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月5日号

8区で出馬 4氏か

総選挙

8区で出馬 4氏か

10月5日号

フェスタで「いいまち」発信

もみの木台

フェスタで「いいまち」発信

9月28日号

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

漫画家のトークライブ

漫画家のトークライブ

「岡崎に捧ぐ」山本さほさん

11月25日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク