青葉区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

在宅医療

医師の確保が課題

社会

市、「2025年」念頭に新対策

座学研修を受ける医師
座学研修を受ける医師
 横浜市は団塊の世代が75歳以上となる「2025年問題」を念頭に、在宅医療体制の整備を急いでいる。そんな中、今後の大きな課題となるのが支える医師の確保と負担軽減。今年度の新事業で対策に着手している。

 市は、団塊の世代が75歳以上となる25年には、在宅対象者が13年比で1・8倍の5・6万人になると推計。市が昨年度行った高齢者実態調査でも、一般の高齢者、要介護者ともに介護サービスを受けながら自宅での生活継続を望む割合が最も多いという結果が出ている。

 こうした状況を受け市は昨年5月、全区に在宅医療連携拠点を設置。ケアマネ資格を持つ看護師などを常駐させ、退院後の自宅での療養相談や往診可能な医師の紹介などのサービスをスタートさせたところ初年度の新規相談者が3293人に上っている。

「2倍の医師が必要」

 一方で今後の課題と捉えているのが、25年時の在宅医療に従事する医師の確保だ。市医療局は「現時点では不足の認識はないが『25年』を考えると、今の2倍の医師は必要となるだろう」とし、在宅に取り組む医師を増やすには、勤務の負担軽減が欠かせないと指摘。市医師会も「現場の医師にとって365日・24時間対応が厳しい」とする。

 こうした状況を踏まえた新規事業として、市は平日・日勤帯を担当する医師と、休日・夜間帯の急変時に対応する医師を輪番制にするバックアップシステムの構築を医師会と連携して開始。また、在宅医療に関心のある医師に基礎知識を学ぶ座学、先輩医師と同行訪問研修も行っている。

6年計画策定へ

 さらに現在、次年度から6カ年を計画期間とする「よこはま保健医療プラン」も策定中だ。同プランは市の保健医療分野の施策を形作るものだが、在宅医療を重要な取り組みと位置づけ、効果的な施策を盛り込む方向で調整している。

 同局の西野均課長は「医師の負担軽減が新たな医師の確保につながる。一方で国との関わりとなるが、在宅に携わる医師を評価する法整備が必要」とし、「市民の要望に応えるため、体制を整えていく」と話す。

 市内で在宅医療に取り組む医師の一人は「終末期に家で亡くなりたいと希望する人は多い。その声に応えられる医師を増やす啓蒙活動が重要となる」と語る。

関連記事powered by weblio


青葉区版のトップニュース最新6件

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月19日号

悲願の1部昇格達成

日体大フィールズ

悲願の1部昇格達成

10月19日号

ティーボールで5連覇

青葉緑東リトル

ティーボールで5連覇

10月12日号

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月5日号

8区で出馬 4氏か

総選挙

8区で出馬 4氏か

10月5日号

フェスタで「いいまち」発信

もみの木台

フェスタで「いいまち」発信

9月28日号

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

漫画家のトークライブ

漫画家のトークライブ

「岡崎に捧ぐ」山本さほさん

11月25日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク