青葉区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

青葉消防団学生増員で大臣感謝状横浜市内で初の快挙

社会

感謝状を手にする徳江団長(左)と渕上署長
感謝状を手にする徳江団長(左)と渕上署長
 青葉消防団(徳江傳三団長)は10月25日、学生団員を昨年度中に大幅に増員させたとして野田聖子総務大臣から感謝状を授与された。学生団員増員を理由とした感謝状は市内20消防団の中でも初めての快挙となる。

 総務省は全国的な消防団員数減少を踏まえ、2013年度から団員数を相当数増員させた消防団などに対し感謝状を贈呈している。今年度は全国34団体に感謝状が贈呈され、市内では青葉のほか、旭、保土ケ谷、泉消防団が選ばれている。25日に総務省で感謝状を贈呈され、横浜市役所で柏崎誠副市長に対して報告会が行われた。

 団員数増員による功績で選ばれた市内3消防団とは異なり、学生団員を増員させたことが評価された青葉消防団。昨年度の団員増員数26人に対して学生団員は19人を占めている。青葉消防署消防団係は、災害対策で消防団の重要性が再認識される中、活動のPRと団員募集を強化してきた結果と説明。加えて区内には6つの大学があるという地域特性を踏まえ、積極的に学生団員の確保に努めてきたという。

 徳江団長は「団員の高齢化が進んでいるほか、日中は区外で働いている団員も増えており、(区内にいる)学生の入団は心強い。これからも女子学生を含め、学生団員を確保し、地域の防火防災減災に努めていきたい」と話す。また、渕上正基署長は「団員が増えることは地域の防災力向上につながる」と今後の活動に期待を込めた。

 11月1日現在、区内の大学に通っている学生団員は44人。内訳は日本体育大学22人、桐蔭横浜大学21人、国学院大学1人。

大臣から感謝状を受ける徳江団長
大臣から感謝状を受ける徳江団長

青葉区版のトップニュース最新6件

支給時期早める

入学準備費

支給時期早める

11月16日号

高齢者の居場所作り20年

ボランティア団体

高齢者の居場所作り20年

11月16日号

期間限定で再オープン

あおばドッグラン

期間限定で再オープン

11月9日号

入居困難者に空き家紹介

高齢者や障害者など

入居困難者に空き家紹介

11月2日号

人権作文で最優秀賞

区内生徒

人権作文で最優秀賞

11月2日号

国学院大、連続出場へ

箱根駅伝

国学院大、連続出場へ

10月26日号

11/12家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

セン南に輸入車専門店がオープン

豊富な品揃えで高品質な外車を提案してくれる

https://lopecity.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク