青葉区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

桐蔭学園サッカー部 14年ぶり選手権へ 県決勝、PK戦制す

スポーツ

優勝を喜ぶ桐蔭学園の選手
優勝を喜ぶ桐蔭学園の選手
 桐蔭学園高校が第96回全国高校サッカー選手権県2次予選で桐光学園高校をPK戦の末に破り、14年ぶり9度目の優勝を果たした。桐蔭は県代表として1月2日、等々力陸上競技場で奈良県代表の一条高校と対戦する。

 桐光は過去2年連続で敗れている因縁の相手。試合は桐蔭が持ち前のパスサッカーでボールを保持する展開だったが、0対0で前半を折り返す。後半に入ってもこう着状態が続くかと思われたが、桐蔭の主将、DF原川凌太朗君が2枚目のイエローカードで退場となる苦しい展開。相手より1人少ない状況となったが、原川君からキャプテンマークを引き継いだ金子大樹君を中心に延長戦も守り切った。100分の激闘をスコアレスで終え、勝負の行方はPK戦に。先攻の桐蔭は1人目のキッカーを務めた金子君を含め、5人全員が成功。一方、桐光は5人目に登場した主将の田中雄大君がゴールを外し、0対0(PK5対4)で桐蔭の優勝が決まった。

 チーム事情から1、2年生中心のチームと3年生中心のチームに分かれていた桐蔭。今回優勝した3年生チームはBチームの扱いで練習環境に恵まれず、当初は選手権への出場自体も危ぶまれていたという。指揮を執った蓮見理志監督は優勝に際し、「色々な人に支えてもらってここまで来れた」と感謝。その上で「チームが一つになるのも大変な時があった」と話し、苦労の中でも結束し、ねばり強さを発揮して結果を出した選手を褒め称えた。

 厳しい状況の中でもチームをまとめてきた原川君は、PK戦まで戦い抜いた仲間に「本当にありがとう、という気持ち。チームメイトは宝物」と万感の思いを込めて語った。本大会初戦は累積警告で出場できないが、「全国制覇を目指してやっていきたい」と力強く話していた。

創立3周年イベント開催!

12/22(金)~24(日) お試し鍼灸・Butch試食会など盛りだくさん!

http://www.momo.yokohama

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

「共に働く社会」学ぶ

障害者週間

「共に働く社会」学ぶ

11月30日号

チームの力で日本一

日体大硬式野球部

チームの力で日本一

11月23日号

農業、自然のPR続け30年

高齢者の居場所作り20年

ボランティア団体

高齢者の居場所作り20年

11月16日号

お庭とエクステリアの専門店

新しいお庭の生活を展示場で体感しよう!

https://www.ground-f.com/

インプラント実績5,700本超

院長は東京女子医科大学口腔外科の医局員や都内インプラントセンター長を歴任

http://www.kaz-shikaiin.jp/

大倉山駅前リサイクルブティック

毎日アイテムをチェックするだけでも楽しい。買取、委託も承ります。

http://rspot.jp/okurayama.html

<PR>

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「たき火を楽しもう」

「たき火を楽しもう」

こどもの国で12月から

12月3日~2月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ワイン知ろう&楽しもう

    青山 敦子 アカデミー・デュ・ヴァン講師

    ワイン知ろう&楽しもう

    第16回「ワインの顔色を見てあげましょう」

    12月7日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク