青葉警察署で武道始式

区民守る「技」を披露

掲載号:2017年1月19日号

  • googleplus
  • LINE
白熱の試合を披露した署員ら
白熱の試合を披露した署員ら

 年始めに警察署員の鍛錬の成果を披露する武道始式が1月14日、青葉警察署(高橋幸治署長)で行われた。同署では週に1回必須で柔道と剣道の練習に取り組んでいる。当日は柔道と剣道それぞれで部署ごとの対抗戦が行われた。柔道は地域第一課が優勝し、剣道は地域第三課が優勝となった。

 その後、柔道五人掛では県警特別訓練員の中西努五段、剣道5人掛では野村洋介五段が登場。有段者の署員が挑んだが圧倒的な強さで勝ち会場を沸かせた。会場には小池恭一区長や地域住民ら約150人が集まり「がんばれ」「挑んでいけ」などと声援が飛び交い盛り上がりを見せた。そのほか、和太鼓の演奏も行われ観客を楽しませた。

 高橋署長は「武道で培った力を多くの方に披露することができた。武道始式を通じて、地域住民の方が安心を感じて頂けたら嬉しい。今後も安心して暮らせる青葉区になるように全力を尽くしたい」と話した。小池区長も「区と警察が連携し安全な青葉区を」と新年の意気込みを語った。

青葉区版のローカルニュース最新3件

関連記事(ベータ版)