緑区版

区民まつり16日(日)

防災、復興支援テーマに

四季の森公園で開催

掲載号:2011年10月13日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『緑区民まつり〜緑と森のフェスティバル2011』が今月16日(日)、10時から15時まで県立四季の森公園で開催される。主催は緑区民まつり実行委員会。今年は震災を踏まえ”防災エリア”を新たに設置。福島県の物産展が実施され、被災地を支援する取り組みも行われる。

 今年のテーマは『安全・安心、みんなにやさしいまちづくり〜大震災を教訓に、今できることを地域から〜』となっている。「大勢の方が参加いただける区民まつりで、あらためて地域の絆、防災への意識向上を高めていただきたい」と区役所担当者が話すように、今年は、例年別々になっていた、消防署や消防団、日本赤十字などのブースを一カ所にまとめ”防災エリア”とする。地震体験車を導入し、東日本大震災と同じ規模の地震を体験できるほか、煙体験ハウスでは、火災発生時と同じ状況を再現する。家具転倒防止策などの案内も行う。

 また、今回は、福島県の物産展も行われるほか、観光案内ブースを設け、宮城、岩手県などの被災地支援を行う予定だ。

19団体がステージ披露

 毎年盛り上がりをみせる野外ステージは、19団体がダンスや演奏を披露する。今年は、主催者推薦として『横浜都筑太鼓』が参加するほか、寺山おはやし保存会による『祭ばやし』や山下みどり台小学校による『YM大漁ソーラン』、大正琴同好会による琴演奏などが予定されている。

 そのほかには、健康チェックや体力測定、ウォークラリー、模擬店なども出店される。

 当日、雨天の場合は全てのイベントが中止となる。なお、開催の有無は16日午前7時半以降に、緑区役所HP(ホームページ)(http://www.city.yokohama.lg.jp/midori/)で案内する。詳細は緑区役所(【電話】045・930・2323)まで。
 

バランス整え、痛みや凝り改善

“その人だけの身体のクセ”を改善することで症状が再発しにくい身体づくりを図る

http://www.seven-cure.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

「がん拠点病院」新たに2院

サロン立ち上げを支援

団地再生でモデル事業

横浜市

団地再生でモデル事業

8月21日号

耐震工事始まる

緑区総合庁舎

耐震工事始まる

8月21日号

来春、国内最大規模に

ズーラシア動物園

来春、国内最大規模に

8月7日号

神楽殿・社務所が完成

大石神社

神楽殿・社務所が完成

8月7日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2014年8月28日号

お問い合わせ先

外部リンク

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

タウンニューススマートフォン版のご案内

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/