緑区版 掲載号:2016年8月4日号

浜なし、今年も味よし 社会

盆前に出荷予定

幸水の実は直径90ミリ前後(7月26日撮影)
幸水の実は直径90ミリ前後(7月26日撮影)
 「よこはまブランド」として小山町や北八朔町などで栽培されている「浜なし」がまもなく収穫の時期を迎える。今年は天候にも恵まれ、8月中旬頃から良質な浜なしが生産農家の手によって販売される予定だ。

 「浜なし」は横浜市内で栽培されている梨の総称で、市で認定された果樹生産者団体の統一ブランド名。主な品種には”三水”と呼ばれる「幸水」「豊水」「新水」がある。

 神奈川県農業技術センター横浜川崎地区事務所(三保町)の果樹担当者によると、今年は梨を育てる上で適切な降雨量や気温が続いており、例年通りの質と生産量が見込まれるという。

 近年浜なしは温暖化の影響などを受けて、少しずつ収穫の時期を早めており、今夏は盆前の販売が予想されるという。「今年は春先から気温も高く、梨の花も早く咲いた。お盆には美味しい梨が出荷されるはず」と担当者は話している。

 小山町の「落合園(落合清治さん)」は目前に浜なしの出荷を控え、じっくり生育状態を見守っている。今年から新たに地下水を用いた散水設備を設置することで、より効率的に上質な浜なしを生産することができているという。落合さんは「最近区内では甘みの強い”幸水”の人気が伸びています。今年もいい味・色・質の浜なしが出来上がると思う」と話している。

直売でのみ販売

 区内には約40の浜なしの生産農家があるが、スーパーや青果店には出荷せず、直売や宅配で採れたてのみずみずしい浜なしを販売している。

 区内では8月中旬頃から、農家や直売所が「直売」と書かれた赤い旗を掲げ、自慢の浜なしを販売する。

関連記事powered by weblio


緑区版のトップニュース最新6件

新しい桐蔭学園高校が始まります

高校説明会 9月30日(土)14時30分~16時ほか

http://toin.ac.jp

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/