緑区版 掲載号:2017年1月5日号

(PR)

「在宅の不安」豊富な知識と経験で支えるこんな「リハビリ」に出逢いたかった

訪問看護
訪問看護
 在宅で過ごす高齢者の生活に寄り添った「リハビリ」で支持される医療・福祉・サービス事業所「おとなりさん」(宮崎智浩代表取締役)。本人や家族が納得しながら生活を構築できる”生きた”リハビリの重要性に着目し、多彩な専門資格を有する職員の連携で利用者を支える同事業所に話を聞いた。

 今後益々増えるとみられる在宅介護。一人暮らしの高齢者も増加傾向にあり、自宅での生活を「支え」「見守る」存在の重要性が叫ばれている。

 「在宅看護ではご利用者本人の全身状態の観察だけでなく、服薬などが医師の指示通り行われているか、認知症の兆候はどうかなどをくまなく看る目を重要視しています」と話すのはナースステーション管理者の多田さんだ。最近では独居も多く、家族との絆が希薄になっているため、”家族の視点”になりかわり、医師や関係機関との様々な連携はもちろん、細やかに日常生活を見守る。

 また理学療法士としてリハビリにあたる木村さんは「ご自宅のお風呂の形状や段差をチェックし、日ごろのリハビリの動作に取り入れている」という。「その方の生活を支え、自ら生活しやすくするリハビリでないと意味がない。そのために様々なお話をし、どんな生活をお望みなのかを大切にプラン立てをしています」と語る。

 ”その人らしさ”を大切にし、個々の思いや状態に合わせたケアをいわば”オーダーメイド”で行ってくれる「おとなりさん」。

 本人と家族に寄り添い、自宅での生活の一番近くにいつも居てくれる存在―それが「おとなりさん」だ。

 在宅生活・介護で困ったことがあればぜひ一度相談してみては。

デイサービス
デイサービス
専門スタッフがサポート
専門スタッフがサポート

株式会社 ノーフェイト

緑区十日市場町808‐2

TEL:045-989-3310

緑区版のピックアップ(PR)最新6件

関連記事(ベータ版)

緑区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

長津田で張扇寄席

長津田で張扇寄席

社会人講談や落語など

1月22日~1月22日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/