緑区版 掲載号:2017年3月16日号

2017年度ミス・ユニバースジャパン神奈川大会でグランプリを受賞した

白濱 絵里奈さん

青葉区在住 23歳

目の前のことに全力で

 ○…300人近い応募者の中からミス・ユニバースジャパン神奈川大会のグランプリに選ばれた。外見の美しさだけではなく、知性や感性など内面も重視される同大会。喜びを語りつつ、気持ちはすでに神奈川代表として出場する7月の日本大会に向いている。「グランプリは日本大会へのスタート。気が引き締まる」

 ○…一輪車の競技者として活躍した経歴を持つ。7歳から始め、高校生までの間に全国大会は3度優勝、世界大会でも3位入賞の実力だ。ミス・ユニバースの審査でも競技で磨いた表現力は大きな武器になったと振り返る。一方、ポルトガル語も特技の一つ。高校生の時に短期留学したカナダで、ブラジル人の友人が多くできたことがきっかけでブラジルに傾倒。ポルトガル語を学ぶべく上智大学に進学し、サンパウロへ1年間の留学も。「ずっと一輪車をやってきて、それからはブラジル一直線」と笑う。

 ○…転機はリオ五輪。現地で通訳を務めたことが将来像を考え直すきっかけに。すでに就職活動を終えていたが、「リオから東京に五輪が来る。この4年間で何かしたい」。思いが募る中で頭に浮かんだのはミス・ユニバース世界大会で第2位となり、国際的に活躍する知花くららさん。東京五輪を見据え、自分も活動の場を広げたいと、神奈川大会への応募を決めた。代表となった今は「神奈川のことをもっと知りたい」。都筑区で育ち、今は青葉区在住だが、中学校以降は都内の学校だったこともあり、改めて地元への関心が増したという。

 ○…大学に加えて美容の専門学校で勉強を続けるなど、多忙な日々を過ごす。「ミス・ユニバースは成長の場。自分の伸び代を試したい」と話しながら「日本で1番になりたい」と意欲を語る。「先のことを考えるのが苦手。目の前のことに全力」と笑い、大切にしている言葉も「いつ死んでもいいように生きる」。全力でまずは日本大会に挑み、そして2020年へと駆け抜ける。

緑区版の人物風土記最新6件

鶴淵 真寿美さん

区内の高齢者施設などで大正琴の演奏活動を続ける

鶴淵 真寿美さん

4月20日号

中山 順さん

駅を媒介とした地域活動に積極的に取り組む

中山 順さん

4月13日号

池辺 政昭さん

「伊賀流手裏剣打選手権大会」で優勝を果たした

池辺 政昭さん

4月6日号

小池 邦仁さん

東鴨居中学校創立30周年事業実行委員長を務める

小池 邦仁さん

3月23日号

森田 球斗さん

四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックスに練習生として入団した

森田 球斗さん

3月9日号

伊藤 正彦さん

今月10周年を迎えるららぽーと横浜の所長を務める

伊藤 正彦さん

3月2日号

関連記事(ベータ版)

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/