緑区版 掲載号:2017年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

霧が丘

商店会の看板を一新 社会

約1年の期間を経て実現

新しくなった看板の前に立つメンバー
新しくなった看板の前に立つメンバー
 霧が丘商店会が5月31日、道路に面した看板と、11店舗ある加盟店の看板をリニューアルした。それに伴い、商店街メイン通りにはよこはまウォーキングポイントのフラッグも取り付けられ、装いを新たにした。

 霧が丘商店会は14の店舗会員と、7の賛助会員で構成される団体。同会によると、今回の取組みは加盟店の店舗オーナーにあたるUR都市機構が今年行った霧が丘グリーンタウンの改修工事計画を機に考え始めたという。

 設置は横浜市経済局の「商店街ソフト支援事業」の補助金を受けることで実施。同会としては初めての申請作業だった。その後はURとの交渉を重ねながら計画が進められ、約1年の期間を経て実行へと移されたという。

 一新された看板には「笑顔あふれる霧が丘商店会くらしによりそう霧が丘商店会」「お買い物は霧が丘商店会へ駐車場あります」などと記された。またURの工事によってグリーンタウンの壁も塗り替えられたため、商店街全体が一新された形となる。

 「きれいになった商店街に少しでも足を運んでもらえれば。ぜひ地元の商店会を活用してほしい」と同会は呼びかけている。

関連記事powered by weblio


緑区版のローカルニュース最新6件

10/14家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

長津田音祭り、今年も

長津田音祭り、今年も

地元校吹奏楽部など出演

12月3日~12月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク