緑区版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市

Wi-Fi環境を充実へ

経済

訪日客のニーズに対応

桜木町駅前の無料スポット
桜木町駅前の無料スポット
 横浜市はラグビーW杯2019や東京2020五輪・パラ五輪に向け、外国人観光客などに対し観光・災害時にも利用しやすい無料Wi―Fi(※)スポット整備を進めている。「観光」を主要施策の1つに掲げる横浜市だが、市が主導する整備は緒に就いたばかりだ。今後の取り組みなどを取材した。

3人に1人以上利用

 神奈川県外国人観光客実態調査(17年3月付)によると横浜市は、鎌倉市の次に外国人客が多い県内の人気訪問地。さらに、横浜市内での通信手段として無料公衆Wi―Fiの利用が3人に1人以上の割合を占めており、外国人客への通信環境向上の取り組みが自治体の課題になっている。

 このような状況下、市は2月下旬から東日本電信電話(株)神奈川事業部(NTT東日本)らと協力し、無料の「YOKOHAMA Free Wi―Fi」の提供を開始した。大手コンビニや市内ショッピングモールなど民間企業は既に無料Wi―Fiを導入しており、市は来街者の多いみなとみらい周辺で環境を整備した。

4カ所に無料スポット

 具体的には外国人観光客が多いJR桜木町駅前や日本丸メモリアルパークなどの4カ所に無料スポットを設置。今年度中に臨港パークなど2カ所でも運用を始める方針だ。

 このほか、新たな取り組みとして、横浜都心部の主要駅や新横浜駅周辺地区で案内サインを活用した無料Wi―Fi整備も模索しており、市担当者は「ラグビーW杯までに無料のエリアを増やしたい」と話している。

自治体間で温度差

 同様の取り組みは外国人客に人気の鎌倉市でも始まっており、屋内、屋外含め、46カ所の一覧地図や登録方法をまとめた英語版パンフレットを作成し、利用を促している。

 また、オリンピックを3年後に控えた東京都では2年程前から「FREE Wi―Fi&TOKYO」の運用を開始。英語・中国語・韓国語対応のWebサイト上で無料スポットの位置や登録方法を分かりやすく表示している。

 自治体間の取り組みに差があるのが実状だが横浜市担当者は「外国人客が横浜を回遊できる環境を整備していきたい」と話している。

関連記事powered by weblio


緑区版のトップニュース最新6件

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月19日号

緑区長賞を受賞

新治市民の森愛護会

緑区長賞を受賞

10月19日号

さすまたで防犯呼びかけ

白山緑自治会

さすまたで防犯呼びかけ

10月12日号

「特養倍増」など盛り込む

18年度重点施策

「特養倍増」など盛り込む

10月12日号

再起戦でTKO勝利

森の台出身プロボクサー望月直樹選手

再起戦でTKO勝利

10月5日号

再開発工事が本格始動

十日市場町周辺

再開発工事が本格始動

10月5日号

10/14家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

長津田音祭り、今年も

長津田音祭り、今年も

地元校吹奏楽部など出演

12月3日~12月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク