港北区版 掲載号:2016年12月8日号

高校生ボディビルダーとして活躍する

相澤 隼人さん

日大高2年 17歳

ひたむきに鍛え続ける

 ○…「身体が大きくなっていくのがわかるのが楽しい」とほほ笑みながら話すその肉体は、服を着ている状態でも筋肉の厚みが伝わる。高校生が出場する全国ボディビル選手権で2連覇を果たすなど活躍を続ける。同じくボディビルダーの5つ年の離れた兄の影響もあり、小学4年生から始めた柔道に打ち込むなか、中学生になってから本格的にトレーニングをスタート。ジム通いを重ねるうちに、自然と肉体を披露する大会に出てみたくなった。

 ○…普段のトレーニングは1日2時間程度に抑えているが、柔道の部活終わりに毎日のようにジムに通い、帰宅時間が夜11時頃になることも多い。食事にも気を配り、鶏肉や野菜を中心に、大会前に炭水化物を抜く厳しさに耐えながら身体を鍛え続ける。「一番辛かったのは大会前の水・塩抜き。夜眠れなかったほどです」と振り返るが、その表情は明るい。

 ○…学校では英語が好きで、オーストラリアへの修学旅行を楽しみにしている普通の高校生。「普段ははっちゃけている」とニッコリ。今年の高校生選手権は大阪開催のため、教師や級友らは携帯電話などネットで応援してくれた。”愛されキャラ”のようで「隼人がドヤ顔している」とみんなからいわれたという。兄弟仲も良く、お互いのトレーニング成果を見せ合っては「太ったな」などと冗談を言い合う。口ぶりは少ないものの、「兄はすごい。大学生のボディビル選手権では2位だった」と家族間のつながりは深い。

 ○…憧れのボディビル選手は世界的に有名な鈴木雅さん。「まだ今の自分の肉体は世界ではとても通用しない」と謙遜しつつも、大学では柔道をやめ、ボディビル一本でやっていく熱い気持ちをのぞかせる。「まずは大学生選手権や23歳以下のジュニア選手権など、高校生選手権の一つ上の大会で優勝を目指す」。堅実的なその姿勢はあくまでもストイックだ。

関連記事powered by weblio


空いた時間を公文式で有効活用

4月にできたばかりの教室 30~40代のスタッフが活躍中

https://www.kumon.ne.jp/enter/search/classroom/1755590001/index.html

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

内田 潤一郎さん

今年で15回の節目を迎える港北区民ミュージカルの作・演出・総合監督

内田 潤一郎さん

9月21日号

小柳(松沢) 節子さん

23日に師岡町梅の丘公園で行われるミュージックフェスティバル代表

小柳(松沢) 節子さん

9月14日号

神山 篤さん

開館25周年を迎えた障害者スポーツ文化センター横浜ラポール館長

神山 篤さん

9月7日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

8月31日号

横谷 邦昭さん

神奈川税務署署長に就任した

横谷 邦昭さん

8月24日号

藤崎 清道さん

神奈川県赤十字血液センター所長として新施設での業務を始めた

藤崎 清道さん

8月17日号

9/26家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/