港北区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

インプラント義歯 「健口」の選択肢に 翔栄会 須田理事長が推進

笑顔を見せる須田理事長
笑顔を見せる須田理事長
 区内で「すだ歯科医院」と「アークデンタルクリニック新横浜」を運営する『(医社)翔栄会』(須田孝則理事長)は、区民らの歯の「健口」を守っている。

 同院への相談で増加しているのがインプラントに関してだが、「インプラントって何?」という疑問から、費用面や耐久年数、トラブルについてなど実に幅広い。

シニア層から質問増

 中でも、特にシニア層からの質問が増えているのが、インプラント義歯について。 通常のインプラント治療は、歯の欠損部分のあごの骨にインプラントを埋入し、人工の上歯を被せる治療法。アフターケアを怠らなければ長期間、使用できる特徴がある。

 一方、入れ歯を使用したインプラント義歯は、少ないインプラントで入れ歯を安定させるもの。横すべりやガタつきを抑え、しっかりと食べ物を噛むことができる。さらに取り外しが容易なため、第三者でも簡単に洗浄でき、口腔内を清潔に保つことができる。

 「大切なのは相談者の年齢、ニーズ等から治療法を選択すること。インプラント義歯は選択肢の幅を広げるものです。他医院で『インプラントは無理』と言われた方もあきらめず、まずはカウンセリングをどうぞ」と須田理事長は話す。

インプラント義歯
インプラント義歯

医療法人社団 翔栄会

TEL:0120-4182-99

http://www.arc-shinyokohama.com http://www.sudashika.com

港北区版のピックアップ(PR)最新6件

新ベッド導入で施術時間1分

歳末感謝フェア

ファンストア

歳末感謝フェア

12月14日号

不動産のプロが疑問を解決

生前整理で年始はスッキリ

12月19日  ラステル新横浜で終活セミナー

生前整理で年始はスッキリ

12月7日号

無料の相続相談会

専門家が集結

無料の相続相談会

12月7日号

一般歯科から矯正治療まで多世代をケア

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク