港北区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

新横浜さわやか苑

恒例の消防訓練を実施

社会

はしご車、放水車も出動

 春の火災運動最終日の3月7日、新横浜さわやか苑(相内邦夫施設長)で消防訓練が行われた。主催は新横浜さわやか苑、大豆戸町内会、ワゲン新横浜。2007年にこの3者で消防協定を結んでから10回目の開催になる。

 当日は避難訓練のほか、はしご車による救助=写真=や消火活動なども行われた。自分で行動することが困難な高齢者が多く入居している同施設。高層階にいる入居者がスムーズに避難できるよう、はしご車訓練は必ず毎年行っているという。

 消防隊員が被災者を背負い、ロープを使って屋上から下りる救助も実施。壁をつたって素早く下りる様子は圧巻で、大きな拍手が湧き上がった。

 見学に来ていた大豆戸小の3年生は、固唾を飲みながら訓練の様子を見守っており、「将来消防士になりたい」という声があがっていた。

 大豆戸町内会の篠崎元彦会長は「施設内で十分に気を配ってくれているので、一度も火災が起こったことはない。こうした日頃の心構えが大切。昼間だけでなく、寝ている間にも起こりうるので、今度は夜間の訓練を試みたい」と話した。

 近年、港北区では火災が増えており、火に気付くのが遅かったり逃げ遅れたりしたことで、昨年には22人と多くの負傷者が出た。今年1月には2人の死亡者も。

 港北消防署の武笠基和署長は「けがをしないために、いかに早く逃げるかが重要。消防車がつく前に避難誘導を行い、的確な情報をお伝え頂くことが必要です。ハンドマイクを使った明確な指示出しはとても良い対応でした」と訓練を振り返った。
 

関連記事powered by weblio


港北区版のローカルニュース最新6件

延べ2万人の動員達成

新聞配達員ら48人受講

認知症サポーター養成講座

新聞配達員ら48人受講

10月19日号

飯倉選手が一日区長に

横浜F・マリノス

飯倉選手が一日区長に

10月19日号

健康づくりテーマに講演

テロ警戒警備を強化

手作り神輿で練り歩く

親子で楽しむハロウィンイベント

10月15日は西武プリンスクラブ会員さま限定「ペペ得の日」

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク