港北区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

地域福祉を考える企画「港福一夜城(こうふくいちやじょう)」で区長と対談する

竹田 和広さん

慶應大大学院生 24歳

背中を見て 夢を抱け

 ○…「若者の手でまちづくりを」――。慶大大学院生として学校と地域の関係性を研究し、昨年立ち上げた一般社団法人ウィルドアの共同代表理事として、学校の教諭らに地域を介した教育を行う手伝いをしている。「若者には、地域の運営に決定権を持って入り込んで欲しい」。そんな思いを、「港福一夜城」で区長に、そして地域の人々に伝えたいという。

 ○…すべての原点。それは、高校生に対する「夢を持っていない」という印象。高校生が県の政治経済を考える「ハイスクール議会」で議論した時、他の参加者と共感し合ったことだった。もっと夢を持つべきだ。そこで県知事に「地域の”カッコいい大人”の背中を見せるべき」と提言。このアイデアが今の活動に結びつく。大学生時代は、塾で担任助手のアルバイト。面談やホームルームで、教え子の将来の自分像を一緒になって考えた。「イメージしただけでワクワクするもの。それが夢だと思うんです」

 ○…ハイスクール議会で当時の松沢知事が参加者に伝えた「君たちがこれからの神奈川を支えるんだよ」というメッセージ。「その一言で神奈川を元気にしなくちゃと地域への意識が強まった」。慶應大学生時代は、ヒヨシエイジ協議会に参加し、商店会や町内会などと一緒に「日吉フェスタ」を開催。地域のボランティアにも積極的に参加していた。「今でも日吉を歩けば街の人に声をかけてもらう」。そのくらいのめり込んでいた日吉でお気に入りだったのは「ハイ、ハウアーユー」のカレー。「マスターがとてもいい人で。よく通っていたなあ」と口元がほころぶ。

 ○…地域と築いた関係性は何事にも代えがたい財産。それだけに、まずは高校生が校外で活動し、地域の大人たちと話す機会を増やすべきと考える。「やりたいことがあってもなくても、地域の活動に参加して欲しい。きっと想像する”大人の姿”が変わるから」

関連記事powered by weblio


港北区版の人物風土記最新6件

チャーリー半田さん(本名半田廣俊さん)

15周年を迎える新横浜のジャズバー「Charlie’s Bar」の店長でシンガー

チャーリー半田さん(本名半田廣俊さん)

10月19日号

山添 行男さん

今年20周年を迎えた篠原地区センター館長

山添 行男さん

10月12日号

内海 宏さん

15日から始まる港北つなぎ塾で講師を務める

内海 宏さん

10月5日号

大重 由津子さん

県内初「健康経営拠点」を運営するバイオコミュニケーションズ(株) ソリューション事業部部長

大重 由津子さん

9月28日号

内田 潤一郎さん

今年で15回の節目を迎える港北区民ミュージカルの作・演出・総合監督

内田 潤一郎さん

9月21日号

小柳(松沢) 節子さん

23日に師岡町梅の丘公園で行われるミュージックフェスティバル代表

小柳(松沢) 節子さん

9月14日号

親子で楽しむハロウィンイベント

10月15日は西武プリンスクラブ会員さま限定「ペペ得の日」

http://www.seibu-shop.jp/shinyokohama/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク