港北区版 掲載号:2017年9月7日号

開館25周年を迎えた障害者スポーツ文化センター横浜ラポール館長

神山 篤さん

中区在住 60歳

絆深め心通い合う施設に

 ○…「色々な方々に支えられて今がある」と、施設の利用者、ボランティア、競技団体などへの感謝の気持ちを言葉にした。”国連障害者の10年”を記念して開館してから25年。館長着任は今年の4月。3日には周年記念事業を行い多くの来場者で賑わいを見せた。ラポールの名の由来「心の通い合い」にちなんで、「つながりや絆を大切にし、将来への夢をつなぐための一年にしたい」と意気込みを語った。

 ○…足が速く、リレーの選手に選ばれるような少年時代を過ごした。当時はまだ本牧(中区)にも自然が多く残っており「沼に腰まではまってしまったこともあった」と振り返った。高校を卒業後は都内の大学で社会階層などを研究。卒業と同時に横浜市に入庁し、多年に渡って障害福祉に携わってきた。2006年の障害者自立支援法施行時には担当課長を務めており「時代に転換期に立ち会えた」と話す。

 ○…30代前半、新婚時代に綱島に住んでいたこともあり、大倉山梅林の梅まつりに足を運んだこともある。「色々な面で便利な街という印象」と話す。30代の頃から続けていたのがぶらり街散策。近年ではTV番組でもみかけるが「僕のほうが先に始めていた」と笑って見せる。事前に下調べはせず「少し迷子になる」程度に街の移り変わりなどを楽しんでいた。数年前から親の介護で外に出られない状況に。そこで見つけた楽しみは自宅ででる生ごみを使った土作り。その土を使ってシソやルッコラなどの葉物野菜を栽培している。

 ○…国内で数ある障害者専用・優先スポーツ施設の中でも有数の規模を誇る同施設の昨年度の利用者数は約44万4000人。この秋には延べ1000万人を迎える予定だ。今後は「更なる地域展開」をテーマに、障害者が自立的に地域でスポーツに親しんでもらえる環境作りのために、地域支援や人材育成に積極的に取り組んでいく方針だ。

関連記事powered by weblio


空いた時間を公文式で有効活用

4月にできたばかりの教室 30~40代のスタッフが活躍中

https://www.kumon.ne.jp/enter/search/classroom/1755590001/index.html

<PR>

港北区版の人物風土記最新6件

小柳(松沢) 節子さん

23日に師岡町梅の丘公園で行われるミュージックフェスティバル代表

小柳(松沢) 節子さん

9月14日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

8月31日号

横谷 邦昭さん

神奈川税務署署長に就任した

横谷 邦昭さん

8月24日号

藤崎 清道さん

神奈川県赤十字血液センター所長として新施設での業務を始めた

藤崎 清道さん

8月17日号

湯川 孝則さん

国際ロータリー第2590地区の今年度ガバナーを務める

湯川 孝則さん

8月10日号

肥後 貴美子さん

熊野の森もろおかスタイル代表

肥後 貴美子さん

8月3日号

9/26家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/