港北区版 掲載号:2017年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

23日に師岡町梅の丘公園で行われるミュージックフェスティバル代表 小柳(松沢) 節子さん 師岡町在住 69歳

音楽に垣根はない

 ○…音楽仲間の応援や「一人でも多くの地域住民に音楽の素晴らしさを知ってもらいたい。身近に感じてほしい」という想いでイベントを企画してから今年で4年目。「気軽に足を運んでもらうためには無料でなければ」とこだわりを見せる。これまでは、母親とつながりがあった鶴見区の横溝屋敷で実施していたが、梅の丘公園に会場を移して初となるイベントを間近に控え「盛り上がってほしい」と意気込む。

 ○…幼稚園の時にピアノの教室に通い出したことをきっかけに、音楽一筋の人生が始まった。「小学生の時に母親にねだってピアノを買ってもらった時は嬉しかった」と懐かしむ。武蔵野音大ではピアノ科を専攻。長年ヤマハのシステム講師を務めている。講師を務める傍ら大学3年生の時に自宅で始めた音楽教室は約45年以上続く。全盛期には100人の生徒を抱え、これまでにエレクトーンの全国コンクールで優勝者を輩出したほどだ。大学の4年間で演奏技法や知識を学んだが「その後の年月で培った経験や人とのつながりのほうが財産」と話す。

 ○…25歳で結婚し、一人息子を女手一人で育て上げた。7年前に新たなパートナーと第二の人生を歩み始めている。その後に立ち上げたデイサービス「しあわせのき」((株)どらせな)も今年で4年目。「自然体でいられる場所になれば」との思いで、毎朝利用者の前で生演奏を行うのが日課となっている。夫や孫、息子夫婦も施設運営を手伝っており「巻き込んじゃっているのよ」と話す一方で「頼もしい限り」と、感謝の気持ちも忘れない。

 ○…「音楽に子どもや大人、健常者や障害者などの垣根なない。楽しんでほしい」。イベントを通じて”音楽の輪”やつながりを広げていきたい考えだ。今後は夕日を見ながら、また夜の風を感じられる時間帯での実施も視野に入れている。「師岡の名物行事のひとつになれたら嬉しい」

港北区版の人物風土記最新6件

横松 広一郎さん

新横浜公園生き物図鑑で紹介する動植物数200を目指す

横松 広一郎さん

12月7日号

佐藤 誠三さん

こうほく第九合唱実行委員会の会長を務める

佐藤 誠三さん

11月30日号

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

11月23日号

藤澤 敏(さとし)さん

ベトナムの日本語学校を支援する

藤澤 敏(さとし)さん

11月16日号

本間 克之さん

高齢者向けのフリーペーパー発行準備を進める

本間 克之さん

11月9日号

坂本 悟さん

平成29年度薬事功労者厚生労働大臣表彰を受けた

坂本 悟さん

11月2日号

お庭とエクステリアの専門店

新しいお庭の生活を展示場で体感しよう!

https://www.ground-f.com/

インプラント実績5,700本超

院長は東京女子医科大学口腔外科の医局員や都内インプラントセンター長を歴任

http://www.kaz-shikaiin.jp/

大倉山駅前リサイクルブティック

毎日アイテムをチェックするだけでも楽しい。買取、委託も承ります。

http://rspot.jp/okurayama.html

ホテルプラムクリスマスディナー

12月17日㈰IKKO、24日㈰夏川りみ開催。上質な洗練された美食と共に

http://www.hotel-plumm.jp/

<PR>

港北区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

第九で締めくくる一年

第九で締めくくる一年

12月17日 港北公会堂

12月17日~12月17日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク