港北区版 掲載号:2017年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

区防犯カメラ設置合同委 11月に設立2周年 地域と連携し活動

社会

賛助会員向けパンフレットを手にする畠山委員長
賛助会員向けパンフレットを手にする畠山委員長
 「港北区防犯カメラ設置合同委員会」(畠山英治委員長)は港北区を安全な街にするため、防犯カメラの設置を民間主導で促進している団体。一昨年の11月に設立され、今月で設立2周年を迎えた。区防犯協会はもちろん、区内13連合町会、自治会、港北警察署、港北区役所とも連携。「今年度中に新たに防犯カメラ20台の設置を見込めそうです」と畠山委員長は話す。

 同委員会は、区内の会社経営者や地域活動に熱心に取り組むメンバーで構成される「港北安心・安全コミュニティー創生協議会」(篠沢秀夫会長)が母体。同協議会も、防犯カメラ普及啓発・設置補助事業などを主な目的に一昨年夏に結成され、防犯カメラ設置の賛助会員を募るなど、合同委員会と連携しながら活動している。

 その成果として、昨年10月には第1・2号機の防犯カメラを新吉田の公園に設置。当初、畠山委員長は「年間でまず10台目標」と話していたが、現在、順調に賛助会員を増やし、年間20台設置に手が届くところだという。設置場所については、「1月の会合で13連合町会や自治会、港北署、区役所等と協議して決定する予定」とのこと。さらに2020年の東京五輪までに、区内に100台設置目標を掲げ、来年度からは年間25台の設置を目指す。

 区内に本社を置く不動産会社(株)ハマツーウェイの代表取締役会長でもある畠山氏。本業で手掛ける戸建住宅すべてにもこの10月に発表した神奈川区羽沢の分譲地を皮切りに、防犯カメラを標準設置するという。

港北区版のローカルニュース最新6件

優秀者45人を表彰

中学生税作文

優秀者45人を表彰

12月14日号

歴代ハマのスターが一戦

市大会優勝を報告

港北選抜女子チーム

市大会優勝を報告

12月14日号

昨年同期比14件増

区内で火災多発

昨年同期比14件増

12月14日号

エシカル消費を考える

予想以上の人出

予想以上の人出

12月14日号

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク