都筑区版 掲載号:2016年5月12日号

熊本地震

区内外で支援の動き 社会

ボランティアや募金など

益城町役場の担当者に義援金を手渡す内野さん(右)=(内野さん提供)
益城町役場の担当者に義援金を手渡す内野さん(右)=(内野さん提供)
 熊本県内を中心に最大震度7を観測した熊本地震の発生を受け、都筑区内でも支援の輪が広がっている。

現地で活動

 えだきん商店街(荏田南)で酒店を営む内野敦さんは、最初の地震発生から10日後の先月24日、災害ボランティアのため飛行機で熊本へ向かった。益城町の様子はほとんどの家屋が倒壊し、ライフラインも止まったままで、とても住める状況ではなかったという。

 ボランティアセンターで登録後、派遣されたのは全壊した個人宅。二次被害を防ぐため、散乱したブロック塀を約5時間かけて撤去した。また、店先で募っていた義援金1万3451円を益城町役場に届けたほか、店で販売する米の生産農家である南阿蘇村の中村龍子さんを訪問。中村さんは幸い無事だったが、今年は稲作ができない状況だという。

 内野さんは「1日も早い復興に向けてできることをしたい」と話す。8月に再び現地を訪れる予定。店頭では引き続き義援金を募っている。

役所に募金箱設置

 都筑区役所1階の総合案内カウンターには、熊本地震募金箱が18日(水)まで設置されている。被災地の救援活動支援に役立てる予定だという。1円玉や5円玉が数十枚入った袋を手に募金に訪れていた大棚町在住の80代男性は「年金生活で大きな額は寄付できないが、一助になればという思いです」と話していた。

 また、中川中央町内会が総会で10万円の義援金送金を決議したほか、先月センター南商業地区振興会主催で行われた「春まつり」でも募金活動が行われるなど、区内各地から支援の手が上がっている。

都筑区版のローカルニュース最新6件

区内2団体を表彰

市都市整備局

区内2団体を表彰

5月18日号

金色の本堂でジャズ演奏

爽画会の作品展

爽画会の作品展

5月18日号

花の展示やトークショー

B1残留へ正念場

横浜ビー・コル

B1残留へ正念場

5月18日号

ライオンズに感謝状贈呈

都筑区役所

ライオンズに感謝状贈呈

5月18日号

関連記事(ベータ版)

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門医の医療講座

専門医の医療講座

横浜総合病院が無料開催

5月27日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第4回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    5月18日号

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第3回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    5月11日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/