都筑区版 掲載号:2017年1月5日号

必要事業「着実に進める」 政治

畑澤区長、抱負語る

都筑区の取り組みを語る畑澤区長
都筑区の取り組みを語る畑澤区長
 2017年の年頭にあたり、本紙では畑澤健一都筑区長に新春インタビューを行った。畑澤区長は就任2年目の振り返りや区運営方針、今後の重点課題などについて語った。

充実の2年目

 ―就任2年目を迎えていますが、都筑区の昨年を振り返っていかがですか。

 着任以来、地域の様々なイベントに参加させていただき、地域での交流や顔の見える関係づくりなどの皆様の取り組みに、活気とエネルギーを肌で感じました。まずは、皆様に厚く御礼を申し上げます。

 昨年は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすための「第3期地域福祉保健計画『つづき あい』」、区のまちづくりの基本理念や目標を定めた「都筑区まちづくりプラン」を推進し、都筑区の将来に向けて新たにスタートする年として、様々な事業・取り組みを進めました。

 また、4月には都筑図書館が「子どもの読書活動優秀実践図書館」として文部科学大臣表彰を受賞したことをはじめ、区内で活動されている皆様が国をはじめとした様々な機関から表彰されるという嬉しいニュースも多かった一年でした。

 多くの場面で、区民・団体・企業の皆様と幅広く協働することが、これまで以上に充実し、より深い関係を築くことができた1年だったと感じています。

 ―防災対策や将来の高齢化に備えた事業など、2016年度の区運営方針の進ちょく状況についてお聞かせください。

 防災対策では、「土砂災害警戒情報」の発表とともに避難勧告を一斉に発令する対象区域(即時避難勧告対象区域)が更新され、都筑区では5箇所が指定、既に複数回にわたり勧告を発令しました。

 また、新たに緊急時情報伝達システムを導入し、区役所から自治会町内会の会長等の皆様へ災害情報を迅速に提供できるようにしました。さらに鶴見川水防訓練を関係機関と連携して実施するとともに連絡会を立ち上げました。様々な側面から災害対応力を強化しています。

 高齢者の暮らしの支援では、地域包括ケアシステムの構築に向けて、高齢者が地域の中で健康でいきいきとした生活ができるよう、介護予防や認知症予防の活動を担う地域のリーダーの育成に取り組んでいます。

 国際交流では、駐日ボツワナ共和国大使館とボツワナ共和国独立50周年記念行事を連携して実施するとともに、市民交流と相互理解の促進について共同発表を行い、これまで積み重ねてきた交流を礎にして、新たな一歩を踏み出しました。

 スポーツでは、横浜ビー・コルセアーズが所属する男子プロバスケットボール新リーグ「B.LEAGUE」が開幕、10月22日には横浜国際プールで都筑区応援dayを開催、3700人以上の多くの皆様の参加により、大いに盛り上がりました。

 温暖化対策では、4月に大型商業施設で国内初の取り組みとして、「移動式水素ステーション」がIKEA港北(折本町)で営業開始しました。また、12月には、「環境にやさしいスマートなつづきスタイル」を広報よこはま区版特別号として発行しました。ぜひ、お手にとっていただきたいです。

 この他にも、妊娠期から青少年期までの切れ目のない子育て支援をはじめ、女性の活躍支援や、都筑の魅力資源である緑道「ゆうばえのみち」、「せきれいのみち」の改修など、これまで先人が築いてこられたものを受け継ぎながら、区役所一丸となって、着実に取り組みを進めています。

「都筑らしさ、大切に」

 ―都筑区の今後の重点課題や新しい取り組みについてお聞かせください。

 今年は、子ども・子育てへの支援や女性の活躍支援に引き続き取り組むとともに、将来の急激な高齢化を見据えたシニア世代の活躍支援、ウォーキングポイント事業や運動習慣の定着などの健康づくり、市内でも有数の農地をいかした地産地消の推進など、「都筑区らしさ」を大切にしながら取り組んでまいります。

 春には、第33回全国都市緑化よこはまフェアが開催されます。都筑区では、これまで地域の皆様が実施されてきました「都筑区花いっぱい運動」を拡充展開し、花と緑であふれる豊かな環境をいかしたまちづくりを推進していきます。

 ―今年3月には高速道路、横浜北線(横羽線―第三京浜)が開通します。区内への影響をどのようにお考えですか。

 横浜港をはじめ、羽田空港や東京湾アクアライン方面等へのアクセスが格段に向上し、物流や利便性などが高まり、都筑区内のまちづくりに、大きな変革をもたらすと考えています。

 さらに、横浜環状北西線も2020年までの開通に向けて整備が進んでおり、都筑区は今後もさらなる発展が見込まれます。

 ―最後に区民の皆様へメッセージをお願いいたします。

 今年も区民の皆様がずっと住み続けたいと感じていただけるよう、地域、団体、企業の皆様とともに、一歩一歩着実に事業を進め、いきいき・にぎわい・つながりのある「ふるさとづくり」を進めてまいります。2019年には横浜でラグビーワールドカップ決勝戦が行われ、また、北山田の横浜国際プールが東京2020オリンピック・パラリンピックのイギリス選手団の事前キャンプ地に選定されており、今後、さらなる国際交流も期待できます。

 都筑区が、活力とにぎわいあふれ、安全・安心で区民の皆様が暮らしやすいまちであるよう、職員一同全力で取り組んでまいりますので、引き続き、区政へのご理解とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

都筑区版のトップニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

都筑区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/