都筑区版 掲載号:2017年5月11日号

寄稿 98

子育て世代包括支援の充実

横浜市会議員 斉藤しんじ

母子保健コーディネーターのモデル配置

 妊娠から出産、産後まで切れ目なくワンストップ(1カ所)で総合的な相談支援を行うため、公明党は「子育て世代包括支援センター」の設置を推進してきました。核家族化や地域とのつながりが薄いことで、悩みを相談する相手に恵まれず、不安を抱えがちな世帯に対し、保健師やソーシャルワーカーなどが継続して支援する安心の体制をつくり出す取組です。

 横浜市では、区福祉保健センターと地域子育て支援拠点がそれぞれの特徴を生かして連携・協働することで、子育て世代包括支援センターとして、妊娠期から子育て期までの支援の充実を図っていきます。29年度は、都筑区、及び泉区、南区に、保健師等の専門性を生かした相談支援を行う「母子保健コーディネーター」をモデル配置し、母子健康手帳交付時に全妊婦と面接を行い、出産・子育て準備プラン(仮称)を作成していきます。

 各妊婦が状況に応じて適した母子保健サービス(両親教室、産前産後ヘルパー等)を確認し、利用しやすくなるようになります。産後4カ月までを中心に相談に対応するとともに、体調の変化や家族状況の変化等に応じて妊娠・子育て準備プランを変更し、継続相談が必要な人には電話や家庭訪問による支援を行うものです。また、モデル配置の3区では、産後のうつの早期発見・支援にむけた取組も推進します。

 モデル実施の検証を踏まえ、今後全区に母子保健コーディネーターの配置を進めていきます。

公明党横浜市会議員団/斉藤しんじ

横浜市都筑区早渕1-2-7-106

TEL:045-590-5224

http://www.saito-shinji.jp

都筑区版の意見広告・議会報告最新6件

横浜北部から自民党を変え、政治を変える

グリーンラインの混雑緩和を!

6両編成に向けた議論開始

グリーンラインの混雑緩和を!

7月13日号

横浜をスポーツで元気に

林文子横浜市長×元ベイスターズ・三浦大輔さん 特別対談

横浜をスポーツで元気に

7月13日号

ヘルプマークの普及を

寄稿 100

ヘルプマークの普及を

7月6日号

徹底した行政改革で無駄をなくす

鉄道事故の悲劇をなくすために

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第8回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    8月17日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年8月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/