都筑区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

大日本プロレスから初となる都筑区出身のプロレスラー 青木 優也さん 池辺町在住 20歳

魂で戦う地元レスラー

 ○…池辺町に拠点を構える大日本プロレスから今年、区内出身レスラーが誕生した。全国各地を飛び回り、年間200試合以上を戦う厳しい世界。「プロレスは魂と魂のぶつかり合い。相手の技をまともに受けなければならない恐怖はあるが、リング上で聞こえてくる歓声や友人たちの応援が自分を奮い立たせる」と真っ直ぐな目で語る。

 ○…生まれも育ちも都筑区。中川中時代は野球部に所属し、神奈川工業高校では相撲部で活躍した。卒業後の進路も固まりつつある中、ふと見たプロレスの動画サイトに衝撃を受ける。「選手が飛んだり跳ねたりしている姿がキラキラして見えた。自分もやってみたいと思った」。また同じ時期、横綱白鵬関の後援会で会場にいた大日本プロレスの岡林裕二選手に駆けより「お前いい目をしているな」と言われたことがきっかけで高校卒業後、地元団体への入門を決めた。「思い立ったらすぐ行動。やらない後悔よりやって後悔したくないがモットー」と自信に満ち溢れた表情で語る。

 ○…受け身の練習では大柄な先輩たちから、何10回と技を掛けられ、泣いたこともあるという。厳しい練習後に銭湯のサウナで汗を流すのが癒しの一時。また、映画や漫画を見るのが趣味で、意外に文化系な一面も持つ。「弱い主人公が努力して何か大きなことを成し遂げるストーリーが好き。自分と重なる部分に共感し、日々の苦しい練習にも耐えられる」と笑顔で話す。

 ○…たまに母親が会場に足を運ぶ時がある。激闘の末、血を流す姿を見せることも日常茶飯事。「自分の意思を尊重し、この世界に送り出してくれたことに感謝している」と母を思う。デビュー以来、未だ勝ち星がないことに対し「まずは一勝したい。そしていずれはベルトを巻きたい。最終的に自分がプロレス界を盛り上げていき、子どもたちに夢を与えられるような存在になりたい」。今後も目標に向け、全力で戦い続ける。

都筑区版の人物風土記最新6件

安達 哲郎さん

音楽活動の場「ライブスポット」を整備した(株)横浜都市みらいの代表取締役社長を務める

安達 哲郎さん

12月14日号

馬場 昭光さん

都筑区詩吟協会の会長を務める

馬場 昭光さん

12月7日号

澤田 和彦さん

「横浜北部おもちゃドクターの会」代表の

澤田 和彦さん

11月23日号

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

11月16日号

占部(うらべ) 真義さん

区内初、金色の「適マーク」認定を受けたホテルアトラス支配人の

占部(うらべ) 真義さん

11月9日号

神山 孝三さん

新栄地域ケアプラザでレコードDJを務める

神山 孝三さん

10月26日号

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

創立3周年イベント開催!

12/22(金)~24(日) お試し鍼灸・Butch試食会など盛りだくさん!

http://www.momo.yokohama

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高校生がパフォーマンス

高校生がパフォーマンス

緑法人会主催イベント

12月20日~12月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク