都筑区版 掲載号:2017年7月6日号

徹底した行政改革で無駄をなくす

〜一つのケースとしての瓶内残薬問題〜衆議院議員 鈴木けいすけ

 日本でもフードロス(Food Loss)、つまり捨てられてしまっている食べ物の量が極めて多く、世界の食糧事情を考える中で大きな問題となっています。先日立ち上げたFAO議員連盟においても今後、このような問題について取り組みを進めていくことを検討しています。

 一方で、捨てられてしまっているものは食べ物だけではありません。今私が自民党行政改革推進本部の副本部長として進めているのが、瓶内残薬の問題。こちらは病院において残った薬が捨てられてしまっている問題です。

 現在、高額な抗がん剤なども含め、一人の患者さんに投与した後に瓶内に残った薬を捨ててしまっているケースがかなり多いとされ、ある試算によれば、高額な抗がん剤の一つであるオプジーボだけで年間94億円が、全体では数百億円が廃棄されているといわれています。

 特に現在、診療報酬の体系の中で、薬については薬価自体がミリリットル単位ではなく瓶単位での価格設定となっていて、請求の単位も一部の病院を除けば実際に使った量ではなく瓶単位での請求となっている実態があります。

 結果として、残薬が廃棄されていたり、あるいは他の患者さんに残薬を使うことで実際の使用した本数と請求した本数がずれて差益を生んでいるケースもあるといわれています。

 医療費は保険であろうと税金であろうと大半が国民の皆さんが負担する税金ですし、特に高額の医薬品に関してはそうです。だからこそ、そこに不正も無駄もあってはなりません。

 また同時に、現在は一部の先進的な病院に限られている、残った薬をきちんと使うために有効な、無菌・密閉状態をつくれる閉鎖式接続機器の導入をさらに進めることで、アメリカでは因果関係が立証されているといわれている空中に霧散した抗がん剤に看護士や薬剤師、患者の関係者がさらされる健康リスクも抑えることができます。

 瓶内残薬の有効活用(DVO)をしっかりと進めることで、医療現場の安全環境の改善、国民負担の軽減の両方を図ることが可能となるのです。

 ようやく厚生労働省、関係業界においても我々の問題提起の結果、動きがみられるようになりつつあります。

 政治の使命は既得権を守ることではなく、未来のために必要な改革を推し進めることでなければなりません。国民の皆さんが負担されている税金だからこそ、無駄を徹底的に排除できるよう、薬価の在り方なども含め、制度としてこの問題の解決を促せるよう、引き続き同志とともに頑張ってまいります。

衆議院議員 鈴木けいすけ

横浜市都筑区茅ケ崎中央36-5 エルドラード横浜5F

TEL:045-532-5832

http://www.suzukikeisuke.jp

都筑区版の意見広告・議会報告最新6件

新しい桐蔭学園高校が始まります

高校説明会 9月30日(土)14時30分~16時ほか

http://toin.ac.jp

<PR>

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第9回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/