都筑区版 掲載号:2017年7月13日号

荏田高校男子バレー部

3年連続インターハイへ スポーツ

29日、宮城代表と対戦

 第55回県高校総体兼全国高校総体(インターハイ)県予選会が6月24日、相模原市総合体育館で行われ、県立荏田高校男子バレーボール部=写真=が準優勝を果たし、3年連続でインターハイへの出場権を手にした。

 神奈川県代表2校を決める予選会には121チームが参加。決勝はトーナメントを勝ち上がった荏田、県立弥栄、川崎市立橘、東海大相模の4校による総当たり戦6試合が繰り広げられた。

 橘と東海大相模に勝利した荏田と弥栄は、第4試合を終えた時点でインターハイ出場が決定した。第5試合では橘が東海大相模を下し3位に。第1代表を決める最終試合の弥栄戦でも、荏田は気を緩めることなく試合に挑んだ。しかし橘との熱戦で、ライトの溝田篤志選手(3年)は足首を捻挫していた。粘りを見せたものの、溝田選手の穴は大きく、セットカウント1―2で惜しくも敗れ、準優勝となった。神奈川第二代表としてのインターハイ出場にキャプテン井上拓真選手(3年)は「けがをした選手のためにも勝ちたかった」と悔しさを滲ませた。

全国請負人の名監督

 同校バレー部を指導して8年目になる齋藤雅明監督(50)は、20代の時に釜利谷高校のコーチとして国体・インターハイ・春高と全国三連覇を経験。さらに前任の岸根高校では監督として、チームを全国大会出場に導いた。齋藤監督を訪ね同部の門を叩く生徒も多く、荏田でもインターハイ4回、春高4回出場の実績をもつ。高校バレーに携わり30年。「バレーを教えているのではなく、人を育てている。教え子たちが社会で必要とされる人になってもらえれば」と指導の極意を話す。

 今年のチームは平均身長182・5cmの高さを生かし、攻撃力と守備力を兼ね備えている。井上選手は「今できる最大限のプレーを試合で発揮し、まずは初戦突破。その後も一戦一戦勝ち上がり、頂点を目指したい」と意気込む。

 なお、今年度のインターハイは山形市総合スポーツセンターを会場に7月28日(金)に開幕し、同校は29日(土)に宮城県の仙台商業高校との初戦を待つ。

関連記事powered by weblio


都筑区版のトップニュース最新6件

今秋限定 再公開へ

緑化フェア旭区会場

今秋限定 再公開へ

9月14日号

新体制で来季の活躍誓う

男子バスケ横浜ビー・コル

新体制で来季の活躍誓う

9月14日号

芸術劇場整備に意欲

林市長

芸術劇場整備に意欲

9月7日号

配置1カ月で103組利用

母子保健コーディネーター

配置1カ月で103組利用

9月7日号

防災無線未整備、検証へ

横浜市

防災無線未整備、検証へ

8月31日号

浜ぶどうが上位独占

折本町新井さん

浜ぶどうが上位独占

8月31日号

新しい桐蔭学園高校が始まります

高校説明会 9月30日(土)14時30分~16時ほか

http://toin.ac.jp

<PR>

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第9回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/