都筑区版 掲載号:2017年8月17日号

市歴史博物館

浮世絵師・芳年の企画展 文化

27日まで、土日はイベント

 横浜市歴史博物館(中川中央)では27日(日)まで、企画展「歴史×妖(あやかし)×芳年(よしとし) ”最後の浮世絵師”が描いた江戸文化」=写真=を開催している。

 月岡芳年は幕末から明治にかけての浮世絵終焉期に活躍した絵師。彼の作品は、歌舞伎役者を描いたものや旧幕府軍と新政府軍が激突した上野戦争を題材にしたもののほか、当時の人々に親しまれていた妖怪譚を描いたものまでジャンルは多彩だ。同企画展では晩年の作品「新形三十六怪撰(しんけいさんじゅうろっかいせん)」を中心に、描かれた物語をわかりやすく紹介。歴史画や報道的な作品を読み解くことで、芳年の時代を知ることができる。開館時間は午前9時から午後5時、月曜定休。観覧料は大人500円、高・大200円、小・中100円。

スタンプで描く浮世絵

 また、企画展開催期間中は毎週末にシャチハタスタンプで浮世絵を描くイベントを開催している。葛飾北斎の作品「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を5色のスタンプで描く。19日(土)、20日(日)、26日(土)、27日(日)の各日午前10時から午後3時まで。参加無料。
 

関連記事powered by weblio


都筑区版のローカルニュース最新6件

IR誘致「時間かけて検証」

観覧無料のカラオケ大会

「サザン」感謝祭

観覧無料のカラオケ大会

9月21日号

フリマ出店者募集

夜空の下で琵琶の音を

シュマルツが落成式

独メーカー

シュマルツが落成式

9月21日号

マリノスの選手が訪問

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第10回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月21日号

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第9回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク