都筑区版 掲載号:2017年9月7日号

(PR)

脳卒中になっても元気でいるために

リハビリで運動能力を維持

センター北 ねがみクリニック

一人ひとりに合わせたメニューでトレーニング
一人ひとりに合わせたメニューでトレーニング
 脳の血管が詰まったり、破裂したりすることで突然引き起こされる「脳卒中」。一命を取り留めても体のまひなどの後遺症が残った場合、社会復帰までに長期間要することも少なくない。

 「後遺症で体が不自由になっても受け入れてしまう方が非常に多いが、リハビリで症状を改善できます」。そう話すのは「センター北 ねがみクリニック」の根上茂治院長。同院には国家資格である理学療法士、作業療法士が6人常駐。固まった関節や筋肉の緊張を和らげ、トレーニングすることで日常生活に必要な運動能力を維持することができる。

「患者さんの生活を過ごしやすく」

 まひの箇所が違えば普段の生活で不便に思うことも違う。「だから患者さんの声に耳を傾けることが重要」と作業療法士の佐藤優太さん。「どうしたら過ごしやすくなるか考え、一緒に決めた目標に向かって取り組みます」。患者に寄り添い、ともに回復を目指す。

自分の脚で歩く=健康寿命

 健康寿命を延ばすためには自立歩行は欠かせない。「通院は運動や外出のきっかけにもなります。お気軽にご相談を」と同院。

センター北 ねがみクリニック

横浜市都筑区中川中央1-33-19

TEL:045-911-7111

http://negamiclinic.com/

都筑区版のピックアップ(PR)最新6件

「全ての人に感動を!」

前田英郎氏「花の世界へ」

港北ニュータウンセンター コミュニティプレイス 東急リバブル

前田英郎氏「花の世界へ」

9月14日号

無料の相続相談会

専門家が集結

無料の相続相談会

9月14日号

元気と笑顔いっぱい!都筑っ子

都筑ヶ丘幼稚園

元気と笑顔いっぱい!都筑っ子

9月14日号

「あなたの街の身近な法律家」

無料法律相談会

「あなたの街の身近な法律家」

9月14日号

東山田で構造見学会

今月の中山建設 vol.4

東山田で構造見学会

9月14日号

新しい桐蔭学園高校が始まります

高校説明会 9月30日(土)14時30分~16時ほか

http://toin.ac.jp

<PR>

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第9回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    9月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/