都筑区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

「中川地区社協スポーツフェス2017」で講師を務めた元Jリーガーの 前田 治さん 都筑区在住 52歳

経験で伝える「夢に挑む心」

 ○…「サッカーで遊ぶ」をテーマにしたイベントには小1〜70代の老若男女が参加。皆一様に目を輝かせながらボールと触れ合っていた。誰でも楽しめるようにと考案したミニゲームは好評で「小さな子も見よう見まねでシュートを決めていたね。試合はハードルが高いが、こうしてボールで遊ぶことができると知ってもらえた」と満足げに話す。

 〇…Jリーグ発足当初、横浜フリューゲルスのエースストライカーとして活躍。トップスピードで前線に走り込み得点を量産する姿は見る者を圧倒し、日本のサッカー界をけん引した一人だ。「当時は今と違ってW杯に出場すること自体が目標だった。時代の流れを経験したね」。天皇杯優勝やオールスター出場も成し遂げた9年間の選手人生は「どれも素晴らしい、一度しかない出来事」と目を細める。

 〇…福岡生まれ東京育ち。小4の頃にサッカーと出会った。「ルールすら知らなかったけど、できることが増えるのが楽しくて仕方なかった」。やるからには勝ちたい。負けず嫌い精神で能力を開花させ、名門の帝京高校を経て日本代表まで登り詰めた。功績の陰にはサッカーを辞めるか悩んだ日々、「俺の分まで頑張ってくれ」という友の言葉、家族や指導者の支えがある。「僕は夢を叶えられたけど、当然叶わないこともあるし、途中で夢が変わることもある。それでいい。どんなことでも夢を見つけて挑戦してほしいんだ」。日本サッカー協会らの協力で全国に足を運んでは、未来ある子どもたちにこのメッセージを届けている。

 〇…プロ2年目から住む区内には現役時代から応援してくれる人も。今回のイベントを出発点に、地元団体とタッグを組んだスポーツの普及活動で「恩返し」する。北山田で妻が講師を務めるフラスタジオ兼ショップの経営、自身のサッカースクール指導と多忙を極めるが「体が動く限りは自分でやって、見せて、経験から思いを伝えたい」

都筑区版の人物風土記最新6件

安達 哲郎さん

音楽活動の場「ライブスポット」を整備した(株)横浜都市みらいの代表取締役社長を務める

安達 哲郎さん

12月14日号

馬場 昭光さん

都筑区詩吟協会の会長を務める

馬場 昭光さん

12月7日号

澤田 和彦さん

「横浜北部おもちゃドクターの会」代表の

澤田 和彦さん

11月23日号

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

11月16日号

占部(うらべ) 真義さん

区内初、金色の「適マーク」認定を受けたホテルアトラス支配人の

占部(うらべ) 真義さん

11月9日号

神山 孝三さん

新栄地域ケアプラザでレコードDJを務める

神山 孝三さん

10月26日号

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

創立3周年イベント開催!

12/22(金)~24(日) お試し鍼灸・Butch試食会など盛りだくさん!

http://www.momo.yokohama

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高校生がパフォーマンス

高校生がパフォーマンス

緑法人会主催イベント

12月20日~12月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク