都筑区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

都筑区基準地価 セン南・北駅周辺が上昇 最高値は荏田東1丁目

社会

 県はこのほど、今年7月1日時点での基準地価を公表した。都筑区の住宅地では、市営地下鉄センター南・北駅周辺の変動率が上昇し、荏田東1丁目の地価が最も高い状況という結果となった。

 都筑区では住宅地14、商業地2、工業地2地点の計18地点で調査された。昨年と比べ住宅地は1・1%(前年1・3%)、商業地では1・6%(同1・7%)、また工業地は1・6%(同1・6%)とそれぞれ平均変動率が上昇。横浜市内の住宅地、平均変動率0・9%(前年0・9%)と比較すると、区内の住宅地上昇幅が若干上回っていることが分かる。

 区内の住宅地1平方メートルあたりの平均土地価格は23万4900円。中でも29万8000円と最も価格が高かったのはセンター南駅の商業施設や区役所などの行政機関から近い「荏田東1丁目5番13」地点だった。次いでセンター北駅に近い「中川7丁目10番19」地点が28万7000円、「牛久保1丁目18番3」地点が27万6000円で、この3地区などが区内の平均価格を大きく上回った。

子育て世代に人気

 区内の基準地価について、不動産業を営む高橋住宅センター(株)(牛久保東)の高橋満常務取締役によると、地価上位のエリアは駅まで徒歩圏内で交通利便性も高く、商業施設などに買い物に行くのにも便利な立地が要因として考えられるという。「公園が近い閑静な住宅街で、30代から40代のお子様連れの方などが、塾や学区などで探し、子育てしやすい環境を気に入るケースも多い」と分析している。一方、13万7000円と最も価格が低かったのは「池辺町字数澤3047番3」だった。

 商業地では「中川中央1丁目7番2外」地点が63万4000円で1・9%上昇し、最高値となった。センター北駅から約250mに位置するこのエリアは商業施設が立ち並び、病院や飲食店、塾など企業側の需要が多いことが高値の理由として考えられる。工業地の最高値は「池辺町字以津院下3372番」地点で、価格は16万6000円、変動率は1・8%だった。

 基準地価は都道府県が毎年7月1日時点の1平方メートルあたりの土地価格を算定したもので、土地取引価格の指標や公共事業用地の取得価格算定の規準として利用される。

都筑区版のトップニュース最新6件

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月14日号

2月21日に新オープン

ビーコルセンター

2月21日に新オープン

12月14日号

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

12月7日号

「地区セン・ケアプラ」新設へ

「地域共生」で対応

超高齢社会

「地域共生」で対応

11月30日号

外国人ら支え10周年

つづきMYプラザ

外国人ら支え10周年

11月30日号

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

創立3周年イベント開催!

12/22(金)~24(日) お試し鍼灸・Butch試食会など盛りだくさん!

http://www.momo.yokohama

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高校生がパフォーマンス

高校生がパフォーマンス

緑法人会主催イベント

12月20日~12月20日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク