都筑区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

シニアジャズバンドハッピーじゃむ

同世代を元気づけ15年 文化

節目祝うコンサートに130人

 区内を拠点に活動するシニアジャズバンド「ハッピーじゃむ」(藤井佳信会長)は今月1日、プレミアホールで15周年の記念コンサートを行った。

 祝福に訪れた約130人の観客に、ジャズのスタンダードナンバー「センチメンタル・ジャーニー」や「川の流れのように」「ブルー・ライト・ヨコハマ」など往年の名曲を披露。21人の各メンバーによるソロパートも交えながら全22曲を演奏した=写真。コンサートを終え、藤井会長は「最高の演奏会だった」と晴れやかな表情で話した。

合計年齢1400歳超え

 「リタイアしても音楽をやりたい」という思いで結成されたハッピーじゃむ。作編曲家の後藤裕二さんの指導の下、週1回の練習を重ね、高齢者施設や地元イベントなどで年間約30回の演奏を披露している。

 メンバーの平均年齢は70歳以上。合計年齢はなんと1400歳を超えている。そのほとんどが還暦を過ぎてから楽器を始めたという。創設メンバーの一人で最高齢の城所辰男さん(89)は、80歳で始めたトランペットを吹きこなし、バンドを活気づけている。「お客さんの前で演奏するのは楽しいね。もっといろんな曲に挑戦したい」と笑顔で話す。

これからも感動届ける

 高齢者施設で演奏したある時、普段笑顔を見せないという入居者が演奏を聴いて笑顔を咲かせ、スタッフに驚かれたことがあった。「施設に入っている人は自分たちと同じ世代が多い。懐かしい曲を演奏すると涙を流して喜んでくれる人もいた」と藤井会長。演奏を聴く人が元気になってくれるのが最も嬉しい瞬間だ。

 節目を迎え、新たな目標は20周年まで活動を継続すること。「これからも人を感動させたい」とメンバーは思いを一つにする。

関連記事powered by weblio


10/22(日)は衆議院選挙へ

【注意】都筑区内6カ所の投票所が変更、詳細はHPへ

http://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/soumu/toukei/top.html

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6件

試写会に5組10人を招待

詐欺抑止で感謝状

詐欺抑止で感謝状

10月12日号

熊本に義援金

熊本に義援金

10月12日号

3年連続「適マーク」

名作「サロメ」を狂言に

里山で稲刈り体験

都筑中央公園

里山で稲刈り体験

10月12日号

都筑区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第11回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    10月5日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク