旭区版 掲載号:2017年3月9日号

鎮守の森をライトアップ 文化

18・19日、白根神社・不動尊で

金子さん(左)と中村さん(鎮守の森の前で)
金子さん(左)と中村さん(鎮守の森の前で)

 白根神社・白根不動尊を囲む鎮守の森が3月18日(土)と19日(日)、2日間限定でライトアップされる。白根神社氏子会役員の金子光広さんが地域の魅力を知ってもらおうと企画。照明デザインは、鶴ヶ峰在住で市内各所でもアートプロジェクトに携わる中村敬さんが担当する。

 鎮守の森は白根神社と白根不動尊の周囲に位置する。5、6台のプロジェクターを使って、白根神社へ続く階段を中心に、木々に色鮮やかな光が投影される予定だ。アーティストの中村敬さんは横浜の臨海部で夜景を演出するアートイベント「スマートイルミネーション横浜」にも協力しており、神奈川県立歴史博物館やマリンタワーなどのプロジェクションアートなどを手掛けてきた。今回は実験的な企画ということもあり、中村さんの過去の作品をアレンジして森林に投影する。ライトアップは午後6時から9時ごろまで。雨天中止。

「白根の魅力 再認識を」

 中堀川が流れ、市内最大級といわれる白糸の滝に豊かな緑――。自然の姿が残った白根神社や地域を知ってほしいと、白根神社氏子会役員の金子光広さんが約2年前から計画をあたためてきた。白根神社宮司の土岐典子さんも「地域の方に白根神社に関心を持ってもらえる機会になる」と企画に賛同。金子さんは「次世代の人たちにこの地域のことに目を向けてもらいたい。自然に囲まれた白根神社の魅力も再認識してほしい」と話す。

 金子さんは、中村さんが2014年にアートディレクターを務めた「希望が丘光の祭典」から親交を深めており、2年かけて実現に向けてプロジェクトを進めてきた。中村さんは「旭区は自然豊かで潜在的な資産がある街で、何かできないかと考えていた。森は初めてだけど、手応えを感じている」と話している。
 

旭区版のトップニュース最新6件

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/