旭区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

市水道局 「災害備え、備蓄飲料を」 21日まで送料無料

社会

 横浜市水道局は3月21日(火)まで、災害に備えた飲料水の備蓄促進キャンペーンを行っている。

 大規模災害が発生した場合、断水などですぐに飲料水を確保できない可能性も高い。そこで同局は災害時に必要な3日分の飲料水「一人最低9リットルの備蓄」を呼びかけている。防災意識が高まる1月から3月を強化期間として、飲料水の備えを訴えてきた。期間中は7年間保存できる災害用備蓄飲料水「横浜水缶」1箱(500ミリリットル×24本、1800円)の配送料が市内限定で無料に。また、6リットルの水が入る給水リュックを3箱購入ごとに、横浜水缶1箱を10箱購入ごとに進呈する。(問)同局サービスセンター【電話】045・847・6262

旭区版のローカルニュース最新6件

生徒の映像作品を公開

体験を発表

体験を発表

12月14日号

40周年祝い記念式典

冬のお楽しみ会

冬のお楽しみ会

12月14日号

税の大切さ、標語で

本場ドイツの世界観を再現

クリスマスマーケット

本場ドイツの世界観を再現

12月14日号

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク