旭区版 掲載号:2017年5月11日号

希望が丘地区センター

地域の力で井戸造り 社会

災害時に生活用水を確保

完成した井戸とボランティアメンバーら
完成した井戸とボランティアメンバーら

 希望が丘地区センター(中希望が丘)にこのほど、地域のボランティア「希望ヶ丘地区井戸掘りたのしみ隊」の手により井戸が造られた。生活用水を確保するための災害用井戸は区内に305基あるが(2017年3月末時点)、ほとんどが個人宅で地区センターにできたのは初めて。

 希望が丘地区センターで井戸の設置が検討されたのは、昨年4月に起きた熊本地震がきっかけ。「ニュースでトイレなどの生活用水が不足していることを改めて知り、必要性を感じた」と話すのは同地区センターの大垣由紀雄副館長。地区センターのガーデンボランティアメンバーに相談したところ、井戸掘り作業を快諾してくれたという。集まったのは志田一行さん、横山正良さん、井上功さん、坂口昇さん、山田嘉男さん、中山文子さんの6人で、「希望ヶ丘地区井戸掘りたのしみ隊」を結成。井戸に関する知識は全くなく、ゼロからのスタートだった。

 掘削作業は昨年6月から開始したが、土を掘ることは容易ではなかった。石のように固い粘土層により1日15cmも進まない日も。しかし、工具を改良するなどして最終的に12・5mまで掘り進め、今年3月に井戸が完成。メンバーらは「楽しかったし、いい経験になった」と口を揃える。

 大垣副館長は「いろんな地域の方がさまざまな経験を生かして、井戸を作ってくださった。地域のつながりも広まったのでは」と話す。当初は災害用井戸についてあまり認識していなかったメンバーらも、調べていくうちに必要性を痛感。同団体の志田さんは「生活用水を確保するために、もっと多くの公共施設に災害用井戸があるべき。私たちの活動から井戸造りが広まれば」と期待を込めた。

 同地区センターで今回の井戸設置にかかった費用は約7万円(工具代を除く)。公共施設で井戸造りを検討する場合は工具を貸し出し、同団体が手順を指導することもできるという。詳細は同地区センター【電話】045・361・0424へ。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

いじめ相談で新窓口

横浜市

いじめ相談で新窓口

5月25日号

読書推進で文科大臣表彰

富士見丘学園中等教育学校

読書推進で文科大臣表彰

5月25日号

バブル期の約4倍に

生活保護受給世帯

バブル期の約4倍に

5月18日号

次世代へ活動継承誓う

民生委員制度100周年

次世代へ活動継承誓う

5月18日号

特養ホーム待機者、2割減

「自転車も

自転車マナーアップ強化月間

「自転車も"車"の意識を」

5月4日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で人形劇

親子で人形劇

旭区おやこまつり

6月18日~6月18日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/