旭区版 掲載号:2017年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

『横浜大戦争』を執筆した 蜂須賀 敬明さん 保土ケ谷区出身 29歳

縦横無尽の創造力

 ○…横浜18区を擬人化するというユニークな発想から作り出した『横浜大戦争』。キャラクター達はプレイボーイや偏屈者など、一癖も二癖もある唯一無二の個性派ぞろいだが、「18人を作るのは簡単でした」とさらり。「最初にキャラを設定して、どう動いていくか自分は追っていく感じ。それぞれの見せ場を作るのが大変だった」と振り返る。発売直後から注目され、異例のスピードで増刷がかかった。「横浜市外に住んでいる人も読んでくれており、うれしい。自分自身も作品を書いたことで街歩きが楽しくなり、何でもない景色が意味を持つようになった」

 ○…保土ケ谷区出身。捜真小学校卒業後、中学からは都心の学校へ。早稲田大学第二文学部在学中から執筆活動を始めた。意外にも、大学へ入るまでは本とは無縁。幼い頃からレゴやプラレール、ホームページ製作など、創ることが好きだった。村上春樹やアメリカの海外小説を読むうち、創作意欲が湧き、大学1年生から独学で執筆。原稿用紙3600枚分の初めての大長編を書き上げ、自主販売した。「当然売れませんでした」と笑うが、処女作を完成させたことが、小説家として生きる道につながった。

 ○…朝9時頃起床すると自宅で夕方まで執筆する日々。仕事後は自転車での外出が日課だ。「早起きは苦手。会社務めはできないと思ったのが小説家を選んだ理由でもある」と笑う。横浜の好きな場所は横浜橋商店街。年越しそばの天ぷらはいつも横浜橋の店で。特に年末の買い物客の活気が好きだという。

 ○…「書きたいテーマはたくさんある」。デビュー作でいきなり文学賞を受賞し、期待が高まる中だが、「プロになりプレッシャーもある。でもたくさんのプロを巻き込みやりたいことに挑戦でき、自由になれた」。『横浜大戦争』の続編の構想はすでにできている。「泣ける自信作になるはず」。創造力は縦横無尽に広がっていく。

旭区版の人物風土記最新6件

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

12月14日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月7日号

土井根 佳世子さん

「着物ドール」のほか、花にまつわるさまざまな講座を開く

土井根 佳世子さん

11月30日号

西山 宏二郎 さん

今年で40周年を迎えた旭区ソフトボール協会の会長を務める

西山 宏二郎 さん

11月23日号

石村 英樹さん

日本華佗五禽戯気功協会の理事長を務める

石村 英樹さん

11月16日号

小澤 淳(じゅん)さん

「鎌倉・横浜スケッチ会」などの代表を務め、11月27日から個展を開く

小澤 淳(じゅん)さん

11月9日号

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スノードーム作ろう

スノードーム作ろう

旭スポーツセンターで

12月16日~12月16日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク