旭区版 掲載号:2017年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷法人会ドローンで交流深める研修会で操縦に挑戦

社会

依田さん(写真右)の指導を受ける会員ら
依田さん(写真右)の指導を受ける会員ら

 旭区・保土ケ谷区・瀬谷区を管轄する「(公社)保土ケ谷法人会」(河原隆子会長)が今月4日、小型無人飛行機・ドローンを活用した異業種研修会を市立原小学校(瀬谷区)で行った。

 研修会は会員の交流や、新会員の紹介を兼ねて開かれている。今回は同会の瀬谷支部連合会(遠藤昇会長)が企画を担当。ここ数年で普及し、測量や災害現場で活躍するドローンについて、全国で教室を展開する「D-ACADEMY(アカデミー)」の依田健一さんから学んだ。

 この日は会員およそ25人が参加したほか、50人近い児童が見学に駆け付けた。依田さんは、ドローンがコントローラーから手を離してもホバリングする点に触れ、「誰でも簡単に操作できるのが大きな特徴」などと説明。校庭や体育館で機体を操作すると、会員や子どもたちから歓声が上がった。参加者が操縦する機会もあり、会員の1人は「飛行に安定感があり、素人の自分でもスムーズに動かせた」と驚いた様子だった。

 遠藤会長は「会員は勿論、子どもたちも楽しんでくれていた。法人会のPRにもなり、良い研修会だった」と手ごたえを感じていた。
 

11/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年もイルミ

今年もイルミ

2月24日まで

10月25日~2月24日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク