旭区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

左近山地域の力で移動支援おでかけワゴン 試行運転開始

社会

ワゴンとボランティアスタッフら
ワゴンとボランティアスタッフら
 左近山地区で、左近山団地内を走行する「左近山おでかけワゴン」の試行運転が本日9月7日から開始する。高齢者の移動支援を行おうと、昨年から1年をかけて計画してきた。運営はNPO法人「オールさこんやま」(林重克理事長)が中心的に担い、地域全体で進めていく。

 左近山おでかけワゴンの乗車定員はドライバー、添乗員を除き6人。団地内に18カ所の停留所があり、路線バスでは回りきれないところまでカバーする。試行運転期間中は毎週木曜日に運行で、午前9時台から午後2時台までに6便が走る。乗車は無料。来年度からは本格運行を目指しており、会費制の導入を予定している。

 団地の階段昇降や起伏の多い道などの理由から、高齢者の閉じこもりが課題とされていた同地区。そのような状況を知った、NPO法人「たすけあいあさひ」(牧野洋子理事長)は、デイサービスの閉鎖に伴い使わなくなった車両を、地域のために活用してほしいと左近山地域ケアプラザに提供した。牧野理事長は「車をきっかけに、地域の人が支え合って生活する仕組みづくりをしてもらえれば」と話す。

 同ケアプラザはオールさこんやま、あんさんぶるカフェ、左近山地区社会福祉協議会、UR都市機構、旭区社会福祉協議会、旭区役所に声掛けし、車両の活用方法を検討。昨年9月に「左近山移動支援プロジェクト」を立ち上げ、1年かけて運行ルートや運営体制などを検討してきた。

 運行を担うのは、地域住民によるボランティアスタッフ。現在はドライバー3人、添乗員4人が集まっているが、まだ足りていない状況だという。オールさこんやまの林理事長は「ボランティアが増えれば便数を増やすこともできる。利用者とともに、ボランティアももっと増えてほしい」と思いを語る。ボランティアに参加する増田恵子さんは「自分も年をとってから、こういったものがあればいいなと思って参加した。たくさんの人に利用してもらいたい」と話した。

 ルート表は同ケアプラザやほっとさこんやま、いなげや左近山店などで入手可能。左近山おでかけワゴンに関する問い合わせは、同ケアプラザ【電話】045・353・1121へ。

旭区版のトップニュース最新6件

「地域共生」で対応

超高齢社会

「地域共生」で対応

11月23日号

2校と地域が初の交流

上白根中四季の森小

2校と地域が初の交流

11月23日号

支給時期早める

入学準備費

支給時期早める

11月16日号

チームワークで県制覇

東希望が丘ミニバス

チームワークで県制覇

11月16日号

女性・学生取り込みに活路

市消防団員

女性・学生取り込みに活路

11月9日号

“一箱古本市”を初開催

みなまき

“一箱古本市”を初開催

11月9日号

11/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

清掃工場で見学会

清掃工場で見学会

資源循環局旭工場

11月26日~11月26日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク