旭区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

3R夢プラン

CO2削減 達成困難 政治

目標と大きくかい離

 横浜市がごみの総排出量削減等に取り組む「ヨコハマ3R夢(スリム)プラン」で、温室効果ガス(CO2)の削減目標が達成困難であることが分かった。市は目標とかい離している状況を受けつつも効果的対策はなく、苦慮している。

ごみ総量は漸減

 3R夢プランは、ごみのリデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)を推進し、環境負荷の低減を目指す長期計画。2009年度を基準実績とし、25年度までにごみ総排出量を10%以上削減、ごみ処理に伴い排出される温室効果ガスを50%以上削減することを目標としている。17年度は14年度から始まった第2期推進計画の最終年度で、ごみ総排出量5%以上、温室効果ガス25%以上の削減が目標だ。

 16年度のごみ総排出量は122万905tで、基準実績127万5444tと比べて4・3%の削減。市の人口が増加していることや、市民1人あたりが出すごみの量が減っていることも踏まえると順調に漸減している。市資源循環局は「ごみの分別意識が定着し、市民が協力してくれている結果」と話し、第2期目標の5%以上の削減に向けて一層努力していくという。

プラ分別に課題

 一方、目標から大きく離されているのが温室効果ガスの削減だ。温室効果ガス排出量は、ごみ総排出量とリンクして減っていくと想定されていたが、16年度の温室効果ガス排出量は27・1万tで、基準実績28・2万tと比べて3・9%の削減にとどまっている。第2期目標の25%以上の削減は現実的に困難な状況だ。

 排出される温室効果ガスの約9割が、ごみ焼却時に発生しており、中でもプラスチック類の焼却が主要因。そのため同局は、家庭の燃やすごみに混入しているプラスチック製容器包装や、事業所から排出される産廃プラスチックの分別を呼び掛けるなど対策を続けている。しかし、分別対象外で燃やすごみとなるプラスチック製品も多い。現時点では同局としてその対策まではできず、効果的な削減策はないのが現状だ。

 現在、市は18年度から始まる第3期推進計画を策定中。同局は目標とのかい離を認めた上で、「達成に向け、市民や事業者の皆さんと協力して取り組んでいきたい」と話している。

関連記事powered by weblio


田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版のトップニュース最新6件

いじめ防止で新方針

横浜市

いじめ防止で新方針

10月19日号

互助ボランティア団体 発足

市沢地区

互助ボランティア団体 発足

10月19日号

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月12日号

戦争関連資料を新たに公開

神奈川県立公文書館

戦争関連資料を新たに公開

10月12日号

二俣川に新たな商業施設

南口再開発

二俣川に新たな商業施設

10月5日号

秋の花で再公開

緑化フェア里山会場

秋の花で再公開

9月28日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク