旭区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

日本おひるねアート協会の認定講師として撮影会などを開催する たかせ えみこさん 旭区在住 38歳

”かわいい瞬間”を作品に

 ○…赤ちゃんに背景や小物をつけて撮影するアート写真「おひるねアート」。メディアに取り上げられることも多く、子育て世代の母親を中心に人気が広がっている。「おひるねアートはママと赤ちゃんで作り上げるアート作品。コミュニケーションを取りながら、思い出を残してもらいたい」と魅力を語る。カメラマンは母親で、モデルは我が子。寝顔も笑顔も泣き顔も、すべてが思い出になる。

 ○…日本おひるねアート協会の認定講師として、「おひるねアート☆〜彩Ring(いろどりんぐ)」を主宰する。旭区内では定期的に撮影会を開催するほか、都内や横浜周辺、出身地の富山県でもイベントに出展。自身の作品は「一枚布でいかに表現するか」が一つのテーマになっている。大きな布がクマになったり、カーディガンやストールが花になることも。プロである以上、自宅ではできないような作品にすることが第一。でも、「身近なものを使っているので『これならできるかも』と感じてもらえたら嬉しい」と話す。

 ○…おひるねアートに出合ったのは約3年前。「子どもの小さいときをかわいく残したい」という思いがあり、撮影会や教室に参加した。「かわいくて、ときめいた」と当時を思い返す。もともとは手先が不器用というが、小物や布を駆使することで広がる世界に夢中になり、認定講師の資格も取得。「作品を作ると、かわいいと喜んでくれる人もいるし、評価もしてもらえた。やりがいにつながりました」と笑顔を見せる。

 ○…7歳と5歳の2児の母。子どもたちは今でも楽しみながらモデルを務めてくれるという。平日は都内での会社勤め、休日はおひるねアートの活動と多忙な日々を送るが、子どもたちとの撮影時間はかけがえのない大切な時間だ。撮影中は「かわいい、かわいい」と”親バカ”になれる瞬間。「かわいい写真が撮れて、ママたちの交流も生まれて、輪も広がる。おひるねアートはいいことばかりです」
 

旭区版の人物風土記最新6件

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

12月14日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月7日号

土井根 佳世子さん

「着物ドール」のほか、花にまつわるさまざまな講座を開く

土井根 佳世子さん

11月30日号

西山 宏二郎 さん

今年で40周年を迎えた旭区ソフトボール協会の会長を務める

西山 宏二郎 さん

11月23日号

石村 英樹さん

日本華佗五禽戯気功協会の理事長を務める

石村 英樹さん

11月16日号

小澤 淳(じゅん)さん

「鎌倉・横浜スケッチ会」などの代表を務め、11月27日から個展を開く

小澤 淳(じゅん)さん

11月9日号

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク