瀬谷区版 掲載号:2013年1月10日号

FMヨコハマでDJデビューし、1月に20周年を迎えた

栗原治久(はるひさ)さん

中区在住 45歳

刺激が「朝の元気」に

 ○…社会人2年目、24歳だった1993年にラジオFMヨコハマのDJコンテストで優勝。以来、複数のレギュラー番組を担当し、現在は月曜から木曜の早朝番組「モーニングステップス」の顔としてリスナーに元気を届けている。「5キロワットの電波で県全域に『おはようございます』って言える特権。これってすごい恵まれてること」。20年間の軌跡をそっと振り返る。

 ○…姉2人の末っ子。身の回りのことを逐一「放送」して歩く少年に、親が付けたあだ名は「NHK」。でも「話すのは好きじゃなくて。人を喜ばせるエンターテインメントが大好き」。その手段として「しゃべり」という得意技が実はあった。そんな感覚で、小学生にしてカラオケ大会を企画。「今でいう音楽番組だね」。ロック全盛の高校時代は、ディスコでレコードを逆方向に動かすスクラッチに憧れ、水泳部仲間と音楽談義に明け暮れた。横浜といえば「音楽文化の先端で、カッコいいイメージ。名うてのソウルグループがクラブでライブやって」。憧れの地は、今や人生の拠点になっている。

 ○…大学卒業後、いすゞ自動車に就職。夜はディスコDJという二足のわらじだったが、家族を説得しDJ一本に目標を絞った。「両親に公言することで本気になれた」。DJコンテストの1次通過の連絡があったのは、その日の夜。千人近い応募の中、勝ち取ったグランプリの賞品がレギュラー番組だったことは「渡りに船」だった。デビュー3年目で、複数の曜日をまたぐレギュラー「帯番組」を外されるという挫折も。未熟ながら、チャンスをもらっていたことを痛感した。

 ○…大の家好きで、妻と娘2人の4人暮らし。「少数派の声を拾えるのがラジオのいいところ」。多様な意見や声を音楽に乗せ、刺激を届けられるのは音声媒体の強みだという。夢は「Fヨコを首都圏ナンバーワンにすること」。リスナーや関係者みんなが集まる「家」を思い描き、マイクに向かう。
 

瀬谷区版の人物風土記最新6件

飯田 聖美さん

横浜少年少女合唱団の指揮者を務める

飯田 聖美さん

1月19日号

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月5日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月1日号

勝見 洋介さん

剣道の「第64回全日本選手権大会」で初優勝を果たした

勝見 洋介さん

12月15日号

遠藤 昇さん

横浜西部工業会会長を務める

遠藤 昇さん

12月8日号

吉田 哲夫さん

緑化フェアのカウントダウンボード設置をけん引した市緑の協会理事長を務める

吉田 哲夫さん

12月1日号

関連記事(ベータ版)

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/