瀬谷区版

2016年3月の記事一覧

  • 瀬谷区の飛躍的発展のチャンス!

    熱血市政レポート

    瀬谷区の飛躍的発展のチャンス!

    横浜市会議員 花上(はなうえ)喜代志

    上瀬谷基地の跡地利用 私は先の横浜市基地対策特別委員会で「市内最大規模の開発であり、瀬谷区を始め、横浜の西部地域にとって飛...(続きを読む)

  • 小さな声を聴く力、声をカタチに!

    市政報告

    小さな声を聴く力、声をカタチに!

    平成28年度横浜市の予算案から  横浜市会議員 かのう重雄

     平成28年度の横浜市予算や政策に、私の主張と提案が反映されます。■横浜市の全域に段ボールベッド ...(続きを読む)

  • 「皆で考え、より良い地域を」

    長屋門公園清水さん

    「皆で考え、より良い地域を」 社会

    男女共同参画表彰で大賞

     性別に関わらず、あらゆる人々が力を発揮できる社会の実現を目指して横浜市が創設した「横浜市男女共同参画貢献表彰」。第5回目となる表彰式が3月24日に行われ、長屋...(続きを読む)

  • 119番通報を学ぶ

    119番通報を学ぶ 社会

    瀬谷消防署で研修会

     瀬谷消防署(安室秀一署長)は3月3日、119番通報について学ぶ「春の防災研修会」を行った=写真。 瀬谷区民の誰もが安心と安全を実感でき...(続きを読む)

  • 県庁前で「よさこい」

    県庁前で「よさこい」 文化

    2日間で40チームが出場

     神奈川県庁前などを会場にした初のよさこいイベント「KANAGAWAよさこいwith龍馬」(飯野晃之実行委員長/港南区芹が谷在住)が26日、27日に開催された。...(続きを読む)

  • ラジオ体操続け10年

    ラジオ体操続け10年 社会

    地域住民の交流の場に

     毎朝8時になると、ラジオから馴染み深い音楽が聞こえてくる―。地域の有志が集まり、和泉川の広場でラジオ体操を始めてから、間もなく10年。ただ体操をするだけではな...(続きを読む)

  • 新たな生活へ共に歩む

    新たな生活へ共に歩む 社会

    大船渡で在宅被災者支援

     宮城県名取市に本部を置く公益財団法人共生地域創造財団。栄区出身の石井優太さんは2012年7月から同財団岩手事務局(大船渡市)で、仮設住宅に住みながら支援を続け...(続きを読む)

  • 「地域に根をはり支援を」

    「地域に根をはり支援を」 社会

    水族館で東北の復興示す

     復興を象徴する水族館として昨年7月、宮城県に誕生した「仙台うみの杜水族館」。三陸の海を再現した水槽や被災地域の観光・物産の発信スペースなどを整備し、未来へ向か...(続きを読む)

  • 「ガチ!」5回分が一冊に

    「ガチ!」5回分が一冊に 経済

    「パーフェクトブック」発行

     市内商店街ナンバーワンメニューを投票で決める人気企画「ガチ!」シリーズ開催5周年を記念し、これまでの5シリーズを振り返った「パーフェクトガイドブック」が発行さ...(続きを読む)

  • 前知事が尊徳入門書

    前知事が尊徳入門書 文化

    業績や哲学、平易に紹介

     前神奈川県知事で参議院議員の松沢成文氏が新著『教養として知っておきたい二宮尊徳』をPHP新書から出版した。 自身3冊目となる二宮尊徳関...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

3日は花火500発

あつぎつつじの丘公園

3日は花火500発 社会

4月28日号

GW(ゴールデンウィーク)は多摩センターへ

五反田川に錦鯉800匹放流

猿渡(さるわたり) 成(なるみ)さん

来月世界選手権に臨むフロアボール男子U―19日本代表に選ばれた

猿渡(さるわたり) 成(なるみ)さん

4月28日号

三浦半島の“秘仏”一斉開帳

田祭り 再興30年

5/29くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/