瀬谷区版 掲載号:2017年3月9日号

釜石からのメッセージ

高校生ら、今を語る 社会

震災6年の節目に

ボランティアバスでの活動の様子。現地の子どもたちと交流する
ボランティアバスでの活動の様子。現地の子どもたちと交流する
 東日本大震災の発災6年に合わせ、講演会「釜石からのメッセージ」が3月18日(土)にせやまる・ふれあい館で開かれる。瀬谷区社会福祉協議会が2011年から続けている「ボランティアバス」を通じて交流を深めてきた岩手県釜石市から、高校生や社会福祉協議会職員が訪れ、復興プロジェクトや防災対策などを語る。

ボラバスが紡いだ縁

 ボランティアバスは復興支援事業として2011年12月に始まった。主に高校生以上を対象として、この6年間で計10回行われた。 12年からは釜石市鵜住居(うのすまい)町の仮設住宅を訪問している。同町は津波によって防災センターや小中学校が水没して大きな被害が出た地域で、今も仮設住宅で暮らす人たちが多くいる。参加者らは調理や工作を通じて交流。顔馴染になり、再会を楽しみにしてくれている人も多いという。

 この支援を契機に、区社協は12年から「釜石のメッセージ」を開催。現在は、ボランティア団体が一堂に会する「ボランティアのつどい」のプログラムの1つとして実施されている。

「忘れないで」

 18日の語り手は、ボランティアバスで交流のある釜石高校の寺崎幸季さん(3年)と、釜石市社会福祉協議会の菊池亮さん。寺崎さんは仮設住宅への愛着を育もうと、ハートなどをあしらったカラフルなマグネットを使い、外壁を彩るプロジェクトを推進している。2月には、復興において大きな貢献をした個人や団体を称える「新しい東北 復興・創生顕彰」(復興庁)に選ばれた。当日はプロジェクトの概要について説明するほか、来場者と一緒にマグネットを作る予定。

 菊池さんは被災体験をもとに、大地震が起きた時の行動や防災対策について話す。時間は午前11時20分〜午後0時45分頃の見込み(前後する可能性あり)。区社協職員は、「被災地に対する想いが風化している部分もあるが、『忘れないで欲しい』と話す現地の人も多い。ぜひ来場して」と話す。問い合せは区社協ボランティアセンター【電話】045・361・2117。

瀬谷区版のトップニュース最新6件

返礼品に「一日乗車券」も

ふるさと納税

返礼品に「一日乗車券」も

3月30日号

結成4年で全国デビュー

瀬谷高出身バンドQoN

結成4年で全国デビュー

3月30日号

「最新技術を楽しんで」

せやっこテックフェア2017

「最新技術を楽しんで」

3月23日号

姉妹都市提携で60周年

横浜サンディエゴ

姉妹都市提携で60周年

3月23日号

口腔ケア推進で連携

横浜市立大と歯科医師会・市

口腔ケア推進で連携

3月16日号

ビーチサッカー場誕生へ

中屋敷

ビーチサッカー場誕生へ

3月16日号

関連記事(ベータ版)

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/