瀬谷区版 掲載号:2017年3月16日号

区内子育て関連団体

講演で命の尊さ訴える 社会

人気ドラマ関係者ら招く

原作の人気漫画のイラスト『コウノドリ』鈴ノ木ユウ/講談社
原作の人気漫画のイラスト『コウノドリ』鈴ノ木ユウ/講談社

 産科医療のリアルな現場を描き、話題となったTVドラマ「コウノドリ」((株)TBSテレビ/2015年)。同作品に携わった人を招き、命の尊さについて理解を深める講演会「コウノトリ先生が教えてくれたこと」が3月20日(月)、横浜市開港記念会館(中区本町1の6)で開かれる。

 未就学児やその保護者を支援する「NPO法人まんま」、瀬谷区地域子育て支援拠点「にこてらす」、産前産後の支援を展開する「横浜の産み育てを考える会」。瀬谷区を拠点に活動する3団体が実行委員会を組織し、講演会を企画した。「病気や障がいの有無に関係なく、新しい命の素晴らしさは同じ。それを多くの人に伝えたい」と実行委員。講演を通じ、安心して出産・育児ができる環境に必要なことを考える。

産科医療の現実とは

 コウノドリは、青年コミック誌で連載中の同名漫画を原作とするドラマ。母子の命を預かる医師たちの奮闘を描き人気を集めた。

 当日は、TBSテレビのドラマ制作部プロデューサーの鈴木早苗さん、同作品の撮影に協力した県立こども医療センター新生児科部長の豊島勝昭さんが登壇。周産期(妊娠22週〜生後満7日未満)医療の現実や視聴者の反応、県の新生児医療の現実と未来などについて、それぞれ語る。さらに、にこてらすの五十嵐純子さんが、医療現場から地域の子育て支援施設へのスムーズな移行について話す。

 時間は午後1時30分〜3時30分。参加費は大人のみ300円。子ども同伴可(保育受付は終了)。定員250人。希望者は17日(金)までにNPO法人まんま【電話】045・303・5393へ。メール(kounodori320@gmail.com)、【FAX】045・442・3666での受付は前日19日(日)まで。
 

関連記事powered by weblio


瀬谷区版のローカルニュース最新6件

市環境活動賞を獲得

NPO法人楽竹会

市環境活動賞を獲得

6月22日号

瀬谷の魅力、写真で伝えて

50周年への計画盛り込む

区運営方針

50周年への計画盛り込む

6月22日号

外国人住民に子育てキット作成

高齢者への読み語り、学ぶ

新型車両を導入

相模鉄道

新型車両を導入

6月22日号

関連記事(ベータ版)

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • LRT導入を推進

    旧上瀬谷通信施設への花博招致が本格化―― 熱血市政レポート

    LRT導入を推進

    横浜市会議員 花上(はなうえ)喜代志

    6月22日号

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/