瀬谷区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

さらなる地元貢献めざし 瀬谷ふたつ橋病院「地域の力」求める勤務時間を柔軟に

藤原院長(前列中央)と職員ら
藤原院長(前列中央)と職員ら
 瀬谷区で40年以上にわたり、地域医療に取り組んできた「瀬谷ふたつ橋病院」(藤原里沙院長)。新体制となり2年半が経過し、昨年10月には院内を大幅リニューアル。藤原院長は「患者様からは嬉しいご意見を頂いております」と話す。

 地域貢献を掲げる同院では「さらなる地域の力が必要」と言い、現在職員を募集中。「子どもの送迎があって午前中しか働けない」「定年後フルタイムで働くには自信がない」などの事情を考慮し、さまざまなケースに対応できるよう、勤務時間を工夫したという。

 「病院という職場は様々な学びを得ることも出来ます。私たちと一緒に、今後の地域発展のため働きましょう」と藤原院長は呼びかけている。

瀬谷ふたつ橋病院

神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷1-29-1

TEL:045-303-1151

http://misatokai.jp/index.php

瀬谷区版のピックアップ(PR)最新6件

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

隼人和太鼓部と初コラボ

横浜市消防音楽隊

隼人和太鼓部と初コラボ

市民防災センターで25日

11月25日~11月25日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク