瀬谷区版 掲載号:2017年5月18日号

瀬谷消防署の署長に就任した

八釼(やつるぎ) 猛さん

二ツ橋町在勤 58歳

区民のため、凡事徹底

 ○…署長に就任して1カ月あまり。目標として、高齢化社会に対応した救急体制構築と高齢者の火災死傷者ゼロ、火災被害拡大を防ぐ初期消火の充実、中小河川の水害対策などを掲げる。これらを成し遂げるため職員には、基本こそ疎かにせず一所懸命に取り組む「凡事徹底」と、常に住民目線に立つ「区民ファースト」を呼びかけた。そこには人命を預かる消防という仕事と、区民に対しての責任感の強さが窺い知れる。

 ○…就任前は、建物の立ち入り検査などを行う査察課に所属、数年前には瀬谷の副署長を務めていたことも。36年に及ぶ消防人生は「現場」に携わることが多く、40代前半には、炎上火災や特殊災害の指揮支援などを行う現場(げんじょう)指揮係長として市内を駆け回った。南区で発生し、地盤崩壊によってマンション1階部分が埋まった事故は特に記憶に残っているという。「ずいぶん長いこと、現場で動いてきました」と振り返る。

 ○…保育園の園長を務める妻、20代の息子と娘の4人暮らし。家では食事を作ることが多く、得意料理はカレー。リンゴやバナナなどのフルーツを使ってまろやかな味に仕上げる。「共働きだから、家事は分担しないと。料理するのも、食べるのも好きですし」とニンマリ。趣味の1つが家庭菜園。家のバルコニーでゴーヤなど季節の野菜を育てている。

 ○…「目の前にチャンスがあるのに、やらずに後悔したくない。失敗したとしても得るものは多い」――。20代半ばの頃、上司の勧めで、幹部教育訓練を行う消防大学校に入った。30歳前後で入学する人が多く、逡巡した上での決断だったが、結果的に全国の職員と知り合うことができ、その人々との交流は横浜だけにとらわれない「広い視野」を育むことにもつながった。この経験もあり、今では若手職員に挑戦を促す立場に。「自らを客観的に評価・判断できるようになり、仕事に活かして欲しい」と願う。

関連記事powered by weblio


瀬谷区版の人物風土記最新6件

佐藤 修さん

9月4日付で瀬谷警察署長に就任した

佐藤 修さん

9月21日号

エリエジオ・サントスさん

サッカーの元ブラジルU-20代表で、エスぺランサSC(栄区)に新加入した

エリエジオ・サントスさん

9月14日号

稲橋 信子さん

「瀬谷区視覚障害者福祉協会 あじさい」の会長を務める

稲橋 信子さん

9月7日号

河目 和子さん

「ふれ愛♥音楽塾」の代表を務める

河目 和子さん

8月31日号

蜂須賀 敬明さん

『横浜大戦争』を執筆した

蜂須賀 敬明さん

8月24日号

湯川 孝則さん

国際ロータリー第2590地区の今年度ガバナーを務める

湯川 孝則さん

8月3日号

桂きもの学院/きもの和五十鈴

9月21日・22日・25日・26日、「無料 着付け 体験レッスン」

http://jtti.jp/katura/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健康食品等の知識

消費生活教室

健康食品等の知識

29日に瀬谷区役所

9月29日~9月29日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク