瀬谷区版 掲載号:2017年6月1日号

(PR)

就労継続支援B型「ぱんの木」

個性に合わせた就労を

6月1日開所

ペット可のテラス席も
ペット可のテラス席も
 阿久和西に本日、就労継続支援B型の事業所「ぱんの木」が開所した。

 就労継続支援B型とは、障がい者の働く場と居場所、その両方を併せ持った施設のこと。同所では、「お弁当・軽食部門」「ハンドメイド部門」「各種販売部門」「施設外就労部門」の4つに分かれ、利用者それぞれの能力や個性に合わせた就労を支援していく。

 運営するのは、大和市や瀬谷区でプロパンガス事業や給食事業を行う安田物産の関連会社、(株)MTH。「ぱんの木」という名前は、ハワイの神話が由来だと言い、「子どもを思う親の心を胸に、安心して食生活が営める空間を作っていきたいという思いを込めました」と安田智考代表は話す。

カフェを併設

 「ぱんの木」では、日替わり弁当やコロッケなどの手作り惣菜を販売。併設のカフェではホットサンドなどの軽食や、近隣作業所のコーヒーを味わえる。

 カフェは貸し会議室としても利用可。誰もが気軽に過ごせる空間になっている。

就労継続支援B型「ぱんの木」

瀬谷区阿久和西1-7-3グレイス詩香1階

TEL:045-360-1552

http://pannoki.co.jp/index.html

瀬谷区版のピックアップ(PR)最新6件

税金の悩み電話で解決

鉄則は”3社以上の相見積もり”

「寄り添い支援を」

区社協、福祉相談員を募集 福祉

「寄り添い支援を」

6月15日号

ともに歩む「仲間」募る

より良い保育を目指して―― 保育

ともに歩む「仲間」募る

6月15日号

育児の「困った」を応援

なんくる応援団 子育て支援

育児の「困った」を応援

6月15日号

70歳を過ぎたらするべき準備

司法書士・税理士による無料セミナー・個別相談会 年間相談実績4千件以上

70歳を過ぎたらするべき準備

6月8日号

関連記事(ベータ版)

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • LRT導入を推進

    旧上瀬谷通信施設への花博招致が本格化―― 熱血市政レポート

    LRT導入を推進

    横浜市会議員 花上(はなうえ)喜代志

    6月22日号

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/